ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今、「趣味・読書」の女性は婚活で成功をおさめやすい!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今年6月に発表された明治安田生活福祉研究所の「20~40代の恋愛と結婚」についての調査によれば、30代の未婚者のうち、「結婚したい」と思っている人は男性で40%、女性で45%となった。

3年前の同じ調査では男性53%、女性60%だったので、数字は大きく落ちている。しかし、それでも30代未婚者の半数近くは結婚を望んでいるということだ。

しかし、婚活話と聞くと滑稽なエピソードばかりが耳に入ってくる。

「年収1000万円以上の男性はNG!」と言い張る女性や、結婚に真剣に向き合い過ぎて女性を質問攻めにする男性など、自分の人生を左右する大きな出来事だからこそなのだろうが、本性がにじみ出てくるのである。

では、婚活をうまく乗り切る女性はどんなことをしているのか?

婚活アドバイザー兼結婚相談所所長の大西明美さんが執筆した『となりの婚活女子は、今日も迷走中』(かんき出版刊)から、意外な趣味で婚活を成功させた40歳の女性のエピソードを紹介しよう。

■スペックの高い男性「若い女性との会話は疲れる」

さきこさん(40歳)はぽっちゃりな体型に年相応のルックスと、地味目の印象を持たれるアラフォー女性。趣味は読書、映画鑑賞とこれまた地味。

しかしこの方、大西さんの紹介で出会った、としたかさん(42歳)と結婚をした。

としたかさんはスポーツマンでイケメン、上場企業に勤務し、このご時世で年収は800万円。世の婚活女子が羨むスペックを持っている。大西さん自身も「若くて綺麗な女の子をたくさん紹介したのに、どうしてプロフィールの段階で断られるのだろう」と思うほどだった。

気になった大西さんは、成婚の挨拶を受ける際に、なぜさきこさんを選んだのか、としたかさんに実際に聞いてみたのだ。すると、笑顔でこう語ったという。

「確かに、綺麗な子も若い子もいましたけれど……。会話がしんどかったですね」

「僕が話題を合わせていたから。

女性って必ず『お仕事何をしていますか?』って聞くじゃないですか。僕の一番の関心事はまさに仕事なので嬉しい話題なんです。でも、僕の仕事の話をしたらみんな退屈そうにしていました。著作権がどうとかコンプライアンスがどうとか興味ないって感じがすごく伝わってきて……」(『となりの婚活女子は、今日も迷走中』176-177ページより一部引用)

としたかさんは相手のつまらなそうな素振りに気付き、ファッションや映画の話をしたそうだ。話題の引き出しが豊富なので、その場は盛り上がる。そして女性側のテンションも上がり、「また会いたい!」となるわけだ。

■結局人間は自分のことに興味を持ってくれる人が好きなのだ

ところが、としたかさんは疲弊してきっていた。女性にとって楽しいお見合いになることと、男性側も楽しんでいることはイコールではない。

としたかさんが地味なさきこさんを選んだ理由は、「とても興味深そうに話を聞いてくれたんです。もっと嬉しかったことは、その仕事について会話をふくらましてくれたことです。初めて、僕が興味関心のあるトピックで盛り上がってくれた相手でした」というものだった。

実はさきこさん、その裏で努力をしていたのだ。としたかさんのプロフィールを受け取ったときから彼の仕事関連の本を3冊ほど読んでいたのだという。ようは「予習」である。

さきこさんは次のように言う。

「男性って普段仕事が一番ウェイトが大きいから、その話をしたほうが盛り上がるじゃないですか。

それに月曜日から金曜日まで働いて、疲れもとれないまま土曜日にお見合いですよ。だから会話で負担がかからないようにしなきゃいけないといつも思っていました。

だから私がお相手の男性の仕事の話題をふくらませられるようにしたら、いいなと。それで本を読んでいましたね」

(『となりの婚活女子は、今日も迷走中』181ページより引用)

相手のことをよく知ること、それが大事なのだ。また、もう一つ、さきこさんは話を聞く際には、相手の「メンツ」と「プライド」を立てることが大事だという。そのため、2つのことを心がけていたそうだ。

・「あ、それ知っています」と絶対に言わないこと

・雑に話を聞かないこと

相手よりも自分がその物事について知っていても、決して口に出してはいけない。話を聞いているときの態度はよく見られているものだ。

大西さんは、「若くないから」「容姿が良くないから」と自分をネガティブに考えて踏み出せなくなる女性は多いと語る。そこで効くのが、誰にでもできる「読書」だ。その努力が、結婚へとつながるのである。

■「趣味・読書」は結婚への近道!?

大西さんの実感として、趣味が「読書」という女性は明らかに婚活を早く終える傾向にあるという。実際に調べてみると、1年以内に結婚が決まる女性の8割が趣味の欄に「読書」と書いていたという。読書を趣味にしている女性は全体で4割。

さきこさんのエピソードは趣味の読書が婚活にうまくはまったケースであるが、再現性は高いはずだ。より高いスペックの男性であればあるほど、知識や教養はあったほうがいい。

本書では他にも、本当は年収2000万円なのにプロフィールに「年収400万円」と書く男性、警戒心が強すぎて自分のフェイスブックの友達申請を断りフラれてしまう女性など、結婚相談所で繰り広げられる悲喜こもごもを紹介している。

人のフリ見て我が身を直せ。そんなことを教えられる一冊だ。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

経済アナリスト・森永卓郎が大胆予測 10年後も「残る」仕事

「赤の他人がでしゃばって家族がめちゃくちゃに…」モメる遺産相続の現場

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP