ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コロプラ、ステージを作れるVRパズルゲーム『Fly to KUMA MAKER』をHTC Vive向けに発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社コロプラは、HTC Vive向け新作VRパズルゲーム『Fly to KUMA MAKER』を発表しました。本作は、 Oculus Rift向けに配信中のパズルゲーム『Fly to KUMA』をベースに開発した新作タイトルとなります。

『Fly to KUMA MAKER』のゲーム内容は、ステージ上にブロックをうまく配置して、 一定の法則で前進するクマたちをゴールまで導くという『Fly to KUMA』のゲーム性はそのままに、 HTC Viveのワイヤレスコントローラーを使うことで、 ゲーム内で物を掴む機能を追加。 それにより、 ブロックを叩いて壊す、 レバーを操作して仕掛けを動かす、 といったギミックを楽しめます。


また、ゲーム内のステージは『Fly to KUMA』とは異なる全60ステージが収録されています。 さらに本作の新機能として、 自由にステージを作成するモードが追加されているとのこと。 プレイヤーの発想次第でステージのバリエーションを無限に広げることができ、作成したステージはインターネットに接続することで世界中のプレイヤーに公開可能です。 他のプレイヤーが作成したステージをプレイすることもできます。

本作は、 Valve社が運営するPCゲーム配信プラットフォーム「Steam」で実施されているゲーム開発者支援システム「Greenlight」を経て、 配信が行われる予定です。本作のムービーやスクリーンショットはSteamの作品ページにて公開されています。

(参考)
コロプラ プレスリリース
http://colopl.co.jp/news/pressrelease/2016081001.php

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP