ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【追いパクチーもビールも堪能】ロイヤルホストの“カレーフェア”で全制覇&食べ比べ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、メシ通レポーターの藤田佳奈美です。うだるような暑さが続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。私はというと、火照った体を冷やすため、毎夜ビールが欠かせません。そう、夏バテ気味の私を救う唯一の楽しみ……。

さて、夏といえば絶対的にビールですが、カレーも欠かせませんよね。特に素揚げした色とりどりの野菜を乗せた夏野菜カレーは絶品! スパイスの効果もあいまって、夏バテで弱った胃腸も何のその、食欲回復すること請け合いです。そんななか、「カレーフェア」なるものがロイヤルホストで開催されているとの情報が!

そんなこんなでカレーフェアに行ってきた

ロイヤルホストでは、1983年から毎夏“カレーフェア”を実施しています。34年目となる今回は、新作3種と人気のカレー2種を展開。さらにはここでしか飲めない貴重なビールもあるとのことで、早速夏を堪能しに行ってきました。

お邪魔したのはロイヤルホスト桜新町店。ファミレスだけどシックな内装。カウンター席もあって、どこか大人な雰囲気です。5種類全てのカレーを1人で頼んでいるトリッキーな奴は筆者くらいしかいません。トッピングにパクチー(194円)もチョイス。もちろん、ビールも頼みましたよ。うーん、全部並べると圧巻の風景ですね。

ルーは別添えなので、ご飯にかけてみました。どれも具が大きくてゴロゴロ入っているのがわかります。

写真右手前から時計回りに、「“日本の野菜”を美味しく食べるカレー<十八穀米で>」(1,544円)、「チキンカリー“グランデ”」(1,490円)、「国産野菜のカシミールビーフカレー」(1,274円)、「ロイヤルプレミアムターリ」(1,998円)、「南国シュリンプカレー<十八穀米で>」(1,652円)。

それでは、いただきまーす!

まずは待望のビール!(笑)

や、やさしい! とてもマイルドな口当たりで、ビール特有の苦味や刺激を感じません。そして、とっても香り高くフルーティーな味わい。こやつの正体は一体……!?

実はこちら、贈答用でしか生産されていない超貴重な、キリンの「一番搾りプレミアム」(615円)。ファミレスで飲めるのはロイヤルホストだけです(※2016年7月19日現在)。身近なファミレスでワンランク上のビールを楽しめるなんて、なんたる幸せ! そして食事との親和性も高いのでカレーのお供にピッタリです。

しかも2杯目は半額の307円で飲めるというキャンペーンも実施中だとのこと。のんべえにはたまらないですね。

人気順にカレーを実食! パクチーと相性抜群の第4位は……

喉も潤ったところで、早速カレーを実食! 人気順に紹介したいと思います。

第4位「南国シュリンプカレー<十八穀米で>」(1,652円)!

今年の新作である同カレーは、プリプリの海老がゴロゴロ入っているので贅沢感満載。ココナッツの香りもたまりません。アジアンテイストなので追いパクチー必須ですね。

また、ココナッツの甘みにより、全体的にまろやかに仕上がっています。なのに、食べ進めるにつれ口の中が熱くなっていくのを感じました。ヒリヒリしない辛さ!

ライスは十八穀米か白米を選ぶのですが、こちらはお店推奨の十八穀米をチョイス。プチプチとした食感がたまりません。

4位タイは中毒性を生むクセの強いあのカレー!

南国シュリンプカレーと同率4位は、今年の新作「チキンカリー“グランデ”」(1,490円)!

見た目はシンプルなチキンカレーですが、実はこれが今回のカレーの中で一番クセのあるカレーでした。そのクセの正体は“シナモン”。あの独特な甘い清涼感が口いっぱいに広がります。

パクチーやピータン、チョコミントアイスなど、クセのある食べ物が好きな人は絶対好きなカレーだと思います。もれなく筆者も好き!

そして何よりチキンが大きい! ホロホロと口の中でとろけます。いや〜、思ったよりもインパクトがあるカレーでした。

第3位は、野菜カレーというより“カレー付き野菜”が適切なあのカレー!

堂々の第3位は今年の新作「“日本の野菜”を美味しく食べるカレー<十八穀米で>」(1,544円)がランクイン!

ブロッコリーやカリフラワー、かぼちゃなど国産野菜9種が入った同カレーは、野菜カレーというよりも“カレー付き野菜”という表現が適切なくらい具がメイン。

野菜のシャキシャキとした食感も健在で、サラダ感覚で食べられます。食べ応え抜群な上にヘルシーだなんて超健康的。個人的には長ナスがヒット! 味が染みていておいしかったです。

第2位はカレーフェアで不動の人気を誇るあのカレー!

第2位は、ブラッシュアップして再登場した「ロイヤルプレミアムターリ」(1,998円)。

「バターチキンカレー」に「ビーフカレー」、第3位の「“日本の野菜”を美味しく食べるカレー」の3種に加え、ナンとライス両方でカレーを堪能できるお得な一品です。さらに自慢のコーンドレッシングを使ったコールスロー付き! いろいろ楽しみたい人にオススメです。

まずは王道の「ビーフカレー」。安心する味です。

お次は「バターチキンカレー」。コクがあってまろやか!

最後は「“日本の野菜”を美味しく食べるカレー」をナンで包んで食べます。これ、ちょっとしたパニーニかっていうくらい。

特にナンのモチモチ感。歯ごたえ抜群なのでそしゃく回数が増え、あっという間に満腹に達します。メンズも大満足間違いなし!

そして栄えある第1位は、「これぞ大人のカレー」なアレ!

カレーフェア1年目から登場している人気カレー「国産野菜のカシミールビーフカレー」(1,274円)が栄えある第1位を獲得!

とてもサラサラしたルーですが、後からじわじわと辛さを感じます。そして食べるたびにいろいろな味の発見が。それもそのはず、18種類のスパイスを使用しているため、甘さや辛さをはじめ、薬膳っぽい苦味、独特の芳香など、たくさんの要素がこの一皿にはあるのです。食べたことのない本格的な味にスプーンが止まらない筆者なのでした。

ロイヤルホストの本気を見た筆者。家では作れない本格的な味わいでした。どれも具沢山かつご飯もたっぷり盛られているので、大人の男性にも満足いただけるのではないでしょうか。ぜひ全制覇しに行ってみてください。

ロイヤルホスト カレーフェア情報

販売期間:~8月下旬

販売時間:11:00~22:00

一番搾りプレミアム情報

2杯目半額キャンペーン期間:~9月4日

販売時間:オープン~22:00(24Hの店舗は7:00~22:00)

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:藤田佳奈美

セーラームーン世代。幸せに満ち足りた時よりも、おセンチだと筆が進むタイプ。未婦人の頃から「婦人公論」が愛読書。蕎麦に熱燗の組み合わせと、台所で料理しながら飲む麦酒が好き。かわいい系のアルコールって肴に合わないよね? Twitter:@yakou_chuu_

関連記事リンク(外部サイト)

【タベアルキスト】食体験ミッション「あめ細工の技をジャックせよ!」~実際に作ったら、もっと好きになった!vol.1~
秘技、瞬間冷凍! たった1分で作る「アイスクリーム」の作り方【理系メシ】
エンジニアがガブ飲みしてる! 米国ロサンゼルスの「コールドプレスジュース」はアレに効くらしい!?【メシ通 in LA】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP