ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テイラー・スウィフトの元恋人、噂の曲は自分のことであると認める

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画『トワイライト~初恋~』等で知られる米俳優のテイラー・ロートナーが8月8日、遂にテイラー・スウィフトの「バック・トゥ・ディセンバー」で歌われている内容が2009年当時交際していた自身とスウィフトのことであることを認めた。米TVシリーズ『Scream Queens』のFacebook Live映像のなかで明らかにしている。

 スウィフトの2010年のアルバム『スピーク・ナウ』に収録されたこの失恋ソングについて、ファンの間では同俳優のことを歌ったものだと推測されてきた。歌詞に“あなたの日焼けした肌、優しい笑顔が恋しいわ”といった一節があるためだ。同曲でスウィフトは、ロートナーが“バラを(彼女に)贈ったけど、(彼女が)そのままにして枯らしてしまった”とする12月のある夜について回想している。

 同ビデオ映像の中で過去の恋愛についての話になると、『Scream Queens』で共演するリア・ミシェルがロートナーに例の噂話を暴露するようつついた。スウィフトとの交際について持ち出したミシェルは、困った様子のロートナーに「彼女はあなたについて曲を作ったんじゃない?」と質問するなど冗談を言いながら盛り上がっているなか、ロートナーは同シングルが実際に彼について歌ったことを認めた。

 「それが彼女の生業だからね。彼女は曲を作る」と話すロートナーは、ミシェルから「帽子か何かの歌だったかしら?」と聞かれると遂に、「“バック・トゥ・ディセンバー”っていう曲だよ」と答えた。

◎Scream Queens Facebook Live
https://www.facebook.com/ScreamQueensFOX/videos/vb.787059354700187/1152856894787096/?type=2&theater

関連記事リンク(外部サイト)

「パブリシティのためじゃない」トム・ヒドルストンがテイラー・スウィフトとの熱愛を認める
本当に付き合ってるの!? テイラー・スウィフト&トム・ヒドルストンの交際のこれまでを振り返る
テイラー・スウィフトの恋の行方を賭けるギャンブル、中国で禁止に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP