ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウユニ塩湖から近い、もう一つの絶景。「機関車墓場の夕焼け」を激写!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ボリビア・ウユニ塩湖を観光するとなると、ツアーに組み込まれていることも多い場所。ウユニ駅から3kmほど南西に行くと、塩湖以外にもうひとつ見どころがあります。フォトグラファー・Chris Staring氏は、そこで見た景色について「Design You Trust」でこうコメント。

「まるで空が爆発してるみたいだった。今までで一番強烈。数時間、錆びた機関車の残骸に登っては、暗くなるまで写真を撮り続けた」。

ここでは、彼の写真をいくつか。

錆びれた鉄道×大地×夕陽
この組み合わせがたまらない!










そのほかの写真は、彼のwebサイトInstagramで確認できます。

かつて南米の輸送拠点だったことで知られてるウユニ。「Atlas Obscura」によると、19世紀に経路拡大計画が持ち上がりましたが、様々な理由で頓挫。鉄道に関連する設備だけが取り残され、人々の記憶から遠ざかっていきました。

100台を超える蒸気機関車などの鉄道車両は、そのほとんどが当時イギリスから輸入されたもの。それだけでも垂涎ものであり、塩風で錆びた見た目から感じる郷愁が旅情をかきたてます。「鏡張り」はもちろん、こちらも忘れずにチェックしておきたいところ!

Reference:Dsign You Trust,Atlas Obscura
Licensed material used with permission by Chris Staring

Chris Staring is a street, music, life and travel photographer based in Melbourne who seeks out hidden places to explore & photograph to inspire people to travel to lesser known destinations.
See more of his work on his website: www.chrisstaring.com & Instagram: www.instagram.com/SkareMedia

関連記事リンク(外部サイト)

ウユニ塩湖の写真は見飽きた。そう思っている人にこそ、見てほしい4枚です。
20代のうちに行っておくべき「世界の都市20選」
星野リゾートが手がける、南国の海の上で味わう朝食「Sunrise Breakfast」がロマンチック

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP