体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウユニ塩湖から近い、もう一つの絶景。「機関車墓場の夕焼け」を激写!

ボリビア・ウユニ塩湖を観光するとなると、ツアーに組み込まれていることも多い場所。ウユニ駅から3kmほど南西に行くと、塩湖以外にもうひとつ見どころがあります。フォトグラファー・Chris Staring氏は、そこで見た景色について「Design You Trust」でこうコメント。

「まるで空が爆発してるみたいだった。今までで一番強烈。数時間、錆びた機関車の残骸に登っては、暗くなるまで写真を撮り続けた」。

ここでは、彼の写真をいくつか。

錆びれた鉄道×大地×夕陽
この組み合わせがたまらない!

ウユニ塩湖から近い、もう一つの絶景。「機関車墓場の夕焼け」を激写!
ウユニ塩湖から近い、もう一つの絶景。「機関車墓場の夕焼け」を激写!
ウユニ塩湖から近い、もう一つの絶景。「機関車墓場の夕焼け」を激写!
ウユニ塩湖から近い、もう一つの絶景。「機関車墓場の夕焼け」を激写!
ウユニ塩湖から近い、もう一つの絶景。「機関車墓場の夕焼け」を激写!
ウユニ塩湖から近い、もう一つの絶景。「機関車墓場の夕焼け」を激写!
ウユニ塩湖から近い、もう一つの絶景。「機関車墓場の夕焼け」を激写!
ウユニ塩湖から近い、もう一つの絶景。「機関車墓場の夕焼け」を激写!
ウユニ塩湖から近い、もう一つの絶景。「機関車墓場の夕焼け」を激写!
ウユニ塩湖から近い、もう一つの絶景。「機関車墓場の夕焼け」を激写!

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。