ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

菅前首相、あらためて脱原発ビジョン語る「日本を世界の見本にしたい」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
出版記念イベントに駆けつけた菅直人前首相

 イタリア人写真家のピエルパオロ・ミッティカ氏と、ジャーナリストのピオ・デミリア氏の書籍出版記念イベントが2011年11月7日、都内にあるイタリア文化会館で行われ、デミリア氏とは20年来の友人だという菅直人前内閣総理大臣が駆けつけた。菅前首相は会場で上映された東日本大震災の映像に対するコメントのなかで、「日本を世界の見本になるような国にしたい」と、あらためて脱原発のビジョンを語った。

 菅前首相は福島第1原発事故後の政府対応に触れ、「今においても、将来から見ても、(対応が)十分であったかという問題はいろいろ指摘があるであろうと思います」とした上で、「現政権においても、そういった子供たち、あるいは妊婦の皆さんの健康というものを最大限考えた上で、しかし同時に避難そのものにも相当の精神的・肉体的リスクがありますので、そういうことも含めて専門家の意見を尊重しながら対応している」と、今日の状況を述べた。

 また今後の問題として、中国やインドをはじめ世界で原子力発電所建設の動きが拡大している状況があることを挙げ、

「日本自身が、原発依存でない自然エネルギーで十分にやっていける国にしたいと同時に、世界において『原発に依存しないでも日本のようにやっていけるんだ』という、その見本になるような国にしていきたい」

と展望を語り、脱原発の実現を頑張っていくとした。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 菅前首相「「日本を世界の見本にしたい」から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv69725081?po=news&ref=news#0:36:59

(中村真里江)

【関連記事】
なぜ園田政務官は原発浄化水を飲んだのか フリー記者による要求に賛否両論
下村健一内閣審議官、震災翌日の”菅首相ヘリコプター視察”批判に反論
宮台教授、脱原発依存の本質を語る 「菅首相が狂っていても、原発止めれば大変な功績」
菅首相、政権運営に自信「大震災や原発事故への対応は、100点とは言わないがしっかりと取り組んでいる」
菅首相の「脱原発依存」の方針に、原口氏「今回は間違っていない」

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。