体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

8/15付ビルボードジャパンチャートおよび8/1〜8/7 RADIO ON AIR DATA発表

8/15付ビルボードジャパンチャートおよび8/1〜8/7 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による8月15日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2016年8月1日〜8月7日)および2016年8月1日〜8月7日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

NMB48「僕はいない」、37.2万枚を売上げ総合首位、Twitterでは「ピカチュウのうた」が1位

NMB48「僕はいない」は、5形態で発売されたシングルが37.2万枚の売り上げをマーク、Twitterも約2万5千回のツイート数を稼ぎ3位となるなど、シングル・セールスが引っ張る形でポイントを積み上げ、総合JAPAN Hot100首位を獲得した。

前週22位からジャンプアップして総合2位となったWANIMA「ともに」は、ラジオ2位、シングルセールス6位、ダウンロード4位、ルックアップ3位、Twitter14位と複数の指標で軒並み高ポイントを上げており、この曲で一気に知名度を拡げることだろう。

世界的なヒットとなった『ポケモンGO』の人気も後押しする形で、テレ東系列アニメ『ポケットモンスターXY&Z』テーマソング、「ピカチュウのうた」がネットを中心に話題沸騰、Twitterで約15万ツイートとダントツの1位となり、ダウンロードも19位と、この2指標のみでポイントを稼ぎ、総合4位に初登場した。

「ピカチュウのうた」がアニメチャート1位に

Billboard JAPAN アニメチャート“HOT Animation”を、8月4日に先行配信がスタートした「ピカチュウのうた」(アニメ『ポケットモンスターXY&Z』エンディング)が制した。

アプリゲーム『ポケモンGO』で話題のポケットモンスターのキャラクター、“ピカチュウ”が歌う楽曲がデジタルでのポイントに加え、Twitterで断トツのポイントを積み上げトップとなった。この夏のポケモン旋風が今後のアニメチャートにも影響してくるのか見届けたい。2位の「決めたよHand in Hand」(アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』挿入歌)は、パッケージセールスとルックアップでの高ポイント結果、この順位となった。アニメキャラの楽曲が続く中、3位はGLAYの54枚目シングルの表題曲から「デストピア」(アニメ『クロムクロ』オープニング)がチャートイン。本作はHISASHIが作詞作曲を手掛けており、パッケージセールスではトップとなっている。

今回発表のアニメチャートでは、テレビアニメのタイアップ楽曲が並ぶ中、RADWIMPS『前前前世』(映画『君の名は。』主題歌)が4位となっている。パッケージ発売日が8月24日、映画の公開が8月26日に控えており、今後もチャートを賑わす楽曲となるだろう。5位のback number『黒い猫の歌』(映画『ルドルフとイッパイアッテナ』主題歌)はデジタルシングルとして配信をされているが、パッケージでの発売が今後あるのか注目したい。

DNCEが自身初の洋楽チャート制覇、バーズ&メロディ他4曲が初登場

大盛況の初来日をうけて、DNCEの「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」が、初の1位をマークした今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”。

セレーナ・ゴメス来日公演のオープニング・アクトとして来日し、2016年8月3日には、日本デビュー・シングル「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」の日本独自企画CDをリリースしたDNCE。渋谷で行われたメンバー参加の“サマー・パーティー”やテレビ『スッキリ!!』への生出演など、来日中に大型メディア露出が多数あったことをうけ、エアプレイ・チャートでは堂々の1位をマーク、デジタル・セールスにおいても洋楽勢TOPに。先週初登場1位を記録した、メジャー・レイザー「コールド・ウォーターfeat.ジャスティン・ビーバー&ムー」に大差をつけ、チャートイン8週目にして初の洋楽チャート1位に輝いた。

今週のTOP20圏内初登場曲は4曲。まず、5位には、イギリスの人気オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』で披露したイジメについての痛烈なラップ・ソング「ホープフル」で話題となった、キッズ・デュオのバーズ&メロディ。8月24日の日本デビュー・アルバム・リリースにむけ、エアプレイ・チャートを急上昇中で、その話題性からツイート・ポイントも伸ばしている。今月末には、来日を控えていることもあり、今後さらに順位を上げてくれること間違いないだろう。そして7位には、現在全米で大ブレイク中のチェインスモーカーズによる「ドント・レット・ミー・ダウン feat.ダヤ」が初エントリー。同曲は、動画再生回数、エアプレイやデジタル・セールスが順調に推移しており、【SUMMER SONIC 2016】での初来日にむけて、ジワジワ人気が過熱している。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。