ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アーチェリー日本代表・川中香緖里 リオでお菓子巡りしたい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 リオ五輪、女子アーチェリー 個人/団体代表の川中香緖里(25才)が、意気込みと年頃女性らしいおちゃめな一面を教えてくれた。

「70m先にある金的(直径24.4cm)に向かって矢を放つアーチェリーで大切なのは、平常心。1矢目が、ど真ん中に命中しても、僅かなミスがあっても、心を乱さず、あれこれ考えず、静かに次を待つことです。

 リオの会場は海に近く、風が思っていた以上に強くて。風を味方につけた選手がメダルに近づくことになりそうです。2大会連続でメダルを獲れたら、リオでもおいしい菓子屋さん巡りをしたいですね(笑い)」

【Profile】かわなか・かおり●1991年8月3日生まれ、鳥取県出身。高校からアーチェリーを始め、近畿大学在籍時の2011年にアジア選手権で団体優勝。2012年のロンドン五輪で、早川漣、蟹江美貴とともに3位決定戦に勝利し、団体戦日本初の銅メダルを獲得した。159cm、53kg。

※女性セブン2016年8月25日号

【関連記事】
アーチェリー銅の早川 「帰化しなければ金」と韓国人が皮肉
アジア大会で日本の若手選手が大躍進 リオ五輪に期待膨らむ
重量挙げ・三宅宏実「金メダル日本人第1号で火をつける!」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP