ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現役医師が大胆提案 健康を目指さない社会とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いまや日本人の平均寿命は83.7歳を記録し、世界有数の長寿国となった。4人に1人が65歳以上という超高齢化が進む中、厚生労働省は「健康寿命」のさらなる延伸を掲げ、生活習慣病の予防を促す数値目標を事細かに定めている。

 だが、「ひたすら長生きすることだけが幸せなのか」と疑問を呈するのは、『「健康第一」は間違っている』著者で、武蔵国分寺公園クリニック院長の名郷直樹氏だ。医師が提唱する“健康を目指さない生き方”とは何なのか。その極意を聞いた。

 * * *
──現役の医者が「健康を目指すな」というのは、かなりセンセーショナルな指摘に聞こえます。

名郷:いまの世の中は年齢に関係なく、限りない健康欲の刺激と「死なないための医療」によって、むしろ不健康な人が増えているというのが私の見方です。こう話すと、医者が仕事を放棄していると思われるかもしれませんが、決してそうではありません。

 人には必ず寿命があり、日本人の生存曲線で見ると男女とも70歳を過ぎると急激に死亡者数が増えていきます。そして、これだけ医療が進歩しているにもかかわらず、例えば75歳以上の平均寿命に限ると、1900年と1980年の平均寿命はさほど変わらない。つまり、高齢者に対しては、どんなに医療の力をもってしても寿命には抗えないのです。

──しかし、近年は平均寿命が延びることによって、厚労省も推進している健康寿命(日常的に介護を受けずに自立した生活ができる期間)も延びているのでは?

名郷:確かに健康寿命もわずかに長くなる傾向にありますが、平均寿命から健康寿命を引いた「日常生活に制限のある期間」も同時に延びているので、みなが健康とはいえません。長生きをしても大きな病気を抱えたり、寝たきりになったりして苦しい思いをしている人も多くなるのです。

 高齢者になってなお健康を追求して、あらゆる医療を受けたり、食事を制限して好きなお酒やたばこも止めたりすることに何の意味があるのでしょうか。

 よく70歳を過ぎても高血圧にならないよう、「食事は○○を食べたほうがいい」とか「1日○分運動したほうがいい」など、何から何まで健康に寄り過ぎていますよね。もちろん脳卒中や心筋梗塞といった合併症を起こす要因のひとつとして高血圧が挙げられますが、それだけの問題ではありません。むしろ高齢者になってからの血圧数値は、生き死にとはあまり関係がないのです。

──そこで、先生は飽くなき健康欲をコントロールすることの重要性を説いています。著書には「医療を受けない選択肢を多くの人は見失っている」とも書いています。

名郷:若いうちであれば健康第一も悪くありません。家庭を持ち、働き盛りの40代、50代の人は健康診断ぐらい受けたほうがいいでしょうし、若い時に罹るとその後の人生にデメリットが大きいがんなどは早めに治療すべきです。

 しかし、子供が独立したり、会社をリタイヤしたりして「よく生きた」と思っているような人が、それ以上の健康を求めて様々な取り組みをしても、せいぜい寿命は1年延びればいいほう。80歳で死ぬのか、81歳で死ぬのかの違いで、長年努力するぐらいなら、好きな趣味などに没頭して好きなものを食べて過ごしたほうが、よほどメリットが大きい。

──がんでも治療を受けずに長く生きているケースはたくさんありますし、その逆で手術をしたために、かえって余命を縮める結果になる場合もあります。

名郷:そうですね。治療が成功して長生きできたとしても、その後の介護で家族に迷惑をかけると後ろめたく感じる人だっている。自分の人生や年齢を考え、どこかで健康というテーマを外してケリをつけることが大切なのです。

 ケリをつけるというとネガティブな印象に聞こえますが、好きなことを楽しみつつ、健康になりたいという欲望や長生きしたいという欲望を上手にコントロールして線引きしたほうが、後悔も少なく幸せな人生だと思います。

──著書の中では、甘いものを我慢してきた糖尿病患者の最期にまんじゅうを与えないのはナンセンスだと書いています。際限のない健康欲の刺激が、かえって窮屈で不健康な世の中をつくり出していると感じます。

名郷:お酒やたばこをやめただけで健康を手に入れることはできませんし、ましてや死を避けることはできません。過剰摂取が体に悪いという点では、油や砂糖、塩、スナック菓子にも似たようなところはあります。

 たばこに関しては喫煙率がずいぶん下がり、スモーカーはすでに少数派になっています。たばこを吸うことによる医療費の増大が度々問題視されますが、例えばたばこを吸わなくても、高齢化が進むにつれ病気になる人は当然増えるわけです。それによる医療費の増大は避けられません。

 ここまでくると、たばこそのものの是非よりも、とにかく健康第一とか全員たばこを吸ってはいけないと“一方向”に振り切ってしまう非寛容な社会のほうが深刻です。

 健康欲望がエスカレートすると「幸福」からどんどん遠ざかっていく──。その現実から目を逸らしていたら、医療・介護問題は必ず行き詰ります。このへんで“健康を目指さない社会”について真剣に議論してもいいのではないかと私は考えています。

●なごう・なおき/1961年愛知県生まれ。自治医科大学卒業後、愛知県作手村国民健康保険診療所に12年間勤務。2011年に武蔵国分寺公園クリニックを開院し現在に至る。専門は地域医療、臨床疫学、医学教育。20年以上にわたりEBM(根拠に基づく医療)を実践している。

【関連記事】
お金のかからない最高の医療を受けるために医師が提言した本
長野県は平均寿命、健康寿命、幸福度ランキング部門で日本一
ローヤルゼリーに含まれる成分を与えた虫 寿命が12%伸びる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP