ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラーマ5世の時代から続く伝統的タイ料理『パットミークローブ』

  • ガジェット通信を≫



ผัดหมี่กรอบ パットミークローブ
ぱりぱり中華麺炒め

以前も紹介したことにある、「ミンリー(鳴利มิ่งหลี)」というお店。
前回は「ヌアプラトゥアン」という珍しい料理を紹介したんだけれども、もう一つの看板メニューをずっと紹介していなかった。 なので今回はそれを紹介するよーん。(^o^)


場所は、ワットプラケオにほど近い、ターチャンの船着場出口からまっすぐ歩いて3、4分ぐらいのところ。
(前回の記事も参考にしてね。)たたずまいはかなり古めかしく、店頭にメニュー表記とかもないので営業してんのかな?とちょっと心配になる感じ。 笑


メニュー表記を見ても…ちょっと独特というか、近年あまり見かけない料理のラインナップ。
チャイニーズタイ料理って感じかな? 気になるメニューがたくさんあるけど。。。チョイスしたのは「パットミークローブ」と「ヌアプラトゥアン」。


店内は古美術商かな?っていうくらい、クラッシックな感じ。 
この日はたまたまiPhoneしか持っていなかったので、画質が低いのが残念だ〜。


そうこうしているうちに運ばれて来たのがこちら。お店を切り盛りしているのはかなりお年を召されたおばあちゃんとおじいちゃんなんだけど、盛り付けのセンスが素晴らしい!! 


とりあえず添えられたニラをちぎってまぶして、マナオをふりかけてみた。


パクッと食べると…。これは美味。 (^^
麺自体はしっかり味がついていて、お菓子のミークローブに似た甘さ。
マカムの酸味とマナオの酸味。ぽりぽりスナック感覚で美味しい。

この料理はラーマ5世が大好きだった料理として有名で、ラーマ5世が通いつめたという「ミークローブ・ジンリー」というお店が有名店。 僕が食べたこのお店はそんなに有名じゃないけれど、どっこいなかなか美味しかった。 ワットプラケオにも程近いので、是非寄ってみてほしいな。

街かどタイ料理! - トムヤムBlog -の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。