体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【復興支援】8月15日は灯籠まつり!歴史を感じるレトロな街・山鹿のおすすめスポット5選

【復興支援】8月15日は灯籠まつり!歴史を感じるレトロな街・山鹿のおすすめスポット5選 山鹿灯籠まつり

今回「九州復興支援」企画でご紹介するのは山鹿市です。山鹿の、というよりも熊本の夏の風物詩ともいえる「山鹿灯籠まつり」が間近に迫って来ました。

昼間は“湯のまち”山鹿の温泉に浸かったり、明治から現在までの歴史を刻む芝居小屋・八千代座を見学したり、懐かしい街並みが残る豊前街道を散策しながらランチやスイーツを味わったりと、思い思いの時間を過ごすことができます。

夕方から夜にかけては「山鹿灯籠まつり」の本番です。徐々に美しさを増してくる灯籠踊りや花火など、幻想的で迫力のある夏の夜を存分に目に焼き付けてみてください。

山鹿市の震災被害と復興状況

被害がほとんどなかった山鹿では被災者のために水と温泉を提供!

山鹿市には熊本地震による大きな被害はありませんでしたが、震災直後、熊本と台湾の高雄を結ぶ直行便が運休となり、海外からの観光客が来られなくなるというインバウンド面での影響が出ました。現在、直行便は通常運航をしています。

一方で、「山鹿市は地震直後でも水と温泉が使える」という情報が震災の被害を受けた方々に伝わり、多くの人が足を運ばれました。とくに市民温泉「さくら湯」は朝6時から24時までと長時間営業なので、仕事帰りに立ち寄る人も多く、大変喜ばれたそうです。

山鹿市の魅力って?

史跡、自然、温泉、お祭り!いろいろな楽しみ方ができるエリア。

福岡との県境にある山鹿市。山々と菊池川流域に広がる平野に囲まれていて、江戸時代には細川藩の参勤交代の宿場町として栄えていました。

全国的にも珍しい八角形の鼓楼の「鞠智城」や芝居小屋「八千代座」、懐かしい街並みが続く「豊前街道」など歴史的に貴重な見どころも多く残っています。また、山鹿には、山鹿温泉、平山温泉、熊入温泉、菊鹿温泉、鹿本温泉という5つの温泉郷があります。湯の端公園にある無料の足湯

湯の端公園にある無料の足湯。岩造りで屋根も付いている

夏場のおすすめといえば、一番は8月15日、16日に催される「山鹿灯籠まつり」。静かな街も全国から訪れる多くの人の熱気に包まれます。

一方、自然豊かな山鹿は水遊びスポットも充実!天然の滝すべりができる「矢谷渓谷」や滝&吊り橋のある「岳間渓谷」、小さな子どもたちも楽しめる「鍋田水遊び公園」などがあります。矢谷渓谷

天然の滑り台がある矢谷渓谷。子どもたちは大喜び!

夏休みも後半!夏の思い出づくりに歴史、自然、温泉、祭りが楽しめる山鹿を訪ねてみませんか? 山鹿市

問合せ1/山鹿市商工観光課

TEL/0968-43-1579

「山鹿探訪なび」

http://www.yamaga-kankoh.hinokuni-net.jp/

問合せ2/山鹿温泉観光協会

TEL/0968-43-2952

http://www.y-kankoukyoukai.com

おすすめ1.山鹿灯籠まつり

幻想の世界へ誘う美しい千人灯籠の輪は圧巻!

2日間にわたって開かれる山鹿の夏を彩る「山鹿灯籠まつり」。なかでも、頭上に灯籠を載せた女性たちが舞い踊る千人灯籠踊りはその規模と美しさに圧倒されます。山鹿灯籠まつり
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。