ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DNCEが自身初の洋楽チャート制覇、今後のチャート・アクションが気になる初登場曲4曲は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


大盛況の初来日をうけて、DNCEの「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」が、初の1位をマークした今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”。

 セレーナ・ゴメス来日公演のオープニング・アクトとして来日し、2016年8月3日には、日本デビュー・シングル「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」の日本独自企画CDをリリースしたDNCE。渋谷で行われたメンバー参加の“サマー・パーティー”やテレビ『スッキリ!!』への生出演など、来日中に大型メディア露出が多数あったことをうけ、エアプレイ・チャートでは堂々の1位をマーク、デジタル・セールスにおいても洋楽勢TOPに。先週初登場1位を記録した、メジャー・レイザー「コールド・ウォーターfeat.ジャスティン・ビーバー&ムー」に大差をつけ、チャートイン8週目にして初の洋楽チャート1位に輝いた。

 今週のTOP20圏内初登場曲は4曲。まず、5位には、イギリスの人気オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』で披露したイジメについての痛烈なラップ・ソング「ホープフル」で話題となった、キッズ・デュオのバーズ&メロディ。8月24日の日本デビュー・アルバム・リリースにむけ、エアプレイ・チャートを急上昇中で、その話題性からツイート・ポイントも伸ばしている。今月末には、来日を控えていることもあり、今後さらに順位を上げてくれること間違いないだろう。そして7位には、現在全米で大ブレイク中のチェインスモーカーズによる「ドント・レット・ミー・ダウン feat.ダヤ」が初エントリー。同曲は、動画再生回数、エアプレイやデジタル・セールスが順調に推移しており、【SUMMER SONIC 2016】での初来日にむけて、ジワジワ人気が過熱している。

 現在3週にわたり米ビルボード・ソング・チャートを席巻しているシーアの「チープ・スリルズ」は18位に初登場。デジタル・セールスと3形態のミュージック・ビデオの動画再生回数でポイントを稼いでの初エントリーとなった。これまでシーアは、「アライヴ」で洋楽チャート首位を獲得しており、海外でのロング・ヒットに後押しされ、ここ日本でのチャート・アクションにも期待がかかる。20位には、セルジオ・メンデスの代表曲「マシュ・ケ・ナダ」がランクイン。9月に来日公演を控えるセルジオは、セルジオ・メンデス&ブラジル’66の結成50周年を記念した『グレイテスト・ヒッツ』を8月3日にリリースしている。

◎【Hot Overseas】トップ10
1位「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」DNCE
2位「コールド・ウォーターfeat.ジャスティン・ビーバー&ムー」メジャー・レイザー
3位「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」ジャスティン・ティンバーレイク
4位「ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン」フィフス・ハーモニー
5位「ホープフル」バーズ&メロディ
6位「オール・イン・マイ・ヘッド(フレックス) feat.フェティ・ワップ」フィフス・ハーモニー
7位「ドント・レット・ミー・ダウン feat.ダヤ」チェインスモーカーズ
8位「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー feat.リアーナ」カルヴィン・ハリス
9位「コール・ミー・メイビー」カーリー・レイ・ジェプセン

関連記事リンク(外部サイト)

8月15日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
待望のデビューALは今秋リリース!? DNCEが渋谷の巨大ケーキ前でファンと記念撮影、ミニ・ライブ&サインお渡し会開催
メジャー・レイザー、ジャスティン・ビーバー&ムーによる最強“サマー・アンセム”が見事洋楽チャート初登場1位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP