体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【T&S×Runtrip】富士山トレランのススメ!? (山頂でポケモンもGET♪)

走った距離やルートをスマートフォンのGPSで記録したり、日々の走行データをスマートフォンのアプリで仲間と共有したり、走っている途中で見つけた絶景をスマートフォンで撮影してSNSに投稿したり・・・・・・。もはや「ランニング」と「通信」は切っても切れない関係です。

そこで、魅力的なランニングコースを紹介するWebサービス『Runtrip』と、KDDIがお届けるするデジカル系情報マガジン『TIME & SPACE』がコラボレーション。「ランニング」と「通信」をテーマにした企画を様々な切り口でお届けしていきます。

今回は、2016年より新たに設けられた8月11日の「山の日」にちなんで、 “富士山トレイルランニング”がテーマ。『Runtrip』のコースディレクターのひとりであり、ランニングインストラクターとして活躍する浦谷美帆さんによるレポートをお届けします。

こんにちは。ランニングインストラクターの浦谷美帆です。

7月下旬、富士山に行ってきました! 富士山は一生に一度は登りたい日本の最高峰として知られていますが、ランニング上級者のあいだでは脚力や心肺機能を鍛えるトレーニングスポットとして人気があるんです。

そこで今回は、装備を極力軽くしたトレイルランニングスタイルで山頂を目指してきましたので、その模様をレポートしたいと思います!


小型で軽量のザック、グリップ性の高いトレイルランニングシューズ、水分補給のためのハイドレーションシステムが、トレイルランニングの”三種の神器”

ちなみに、富士山ではスマートフォンや携帯電話を使えるって知ってました? auはここ数年、登山者の安全と快適のために、登山道はもちろん、途中の山小屋や山頂の電波状況を整備しているとのこと。そこで今回は、auのスマートフォンを持って、ところどころでスマートフォンが使えるかをチェックしながら、山頂を目指すことにします。

富士宮口五合目。標高は4つの登山口のうちもっとも高い2,400m

富士山には大きく分けて4つの登山ルートがありますが、今回私が登ったのは静岡県側の富士宮ルート。4つのなかで、もっとも標高差が少なく(約1,376m)、距離も最短(約11.3km)のルートです。

麓から出る専用バスで五合目まで登り、雲の切れ間に見える山頂にワクワクしながら、いざ山頂へ向けて出発!

1 2 3 4 5次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。