体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

古代エジプト世界遺産と観光〜おすすめスポット20選〜

古代エジプト世界遺産と観光〜おすすめスポット20選〜
Photo credit: Shohei Watanabe「エジプト エジプト人と過ごすサハラ砂漠とギザのピラミッド」

Photo credit: Shohei Watanabe「エジプト エジプト人と過ごすサハラ砂漠とギザのピラミッド」

こんにちは。Compathy MagazineのMari.kです。エジプトと言えばピラミッド! 今回はエジプトの観光スポットをご紹介します。エジプトには多くのピラミッドがあります。どの場所も観光地として毎日多くの人々が世界中から訪れます。エジプト内のいたる所に観光スポットがあるので事前に場所を調べて行くとよいでしょう。

1. エジプト考古学博物館

Photo credit: Yasuko Kimura「初海外個人旅行でエジプト周遊19日間!その1 カイロ・ギザ・ルクソール・アスワン・アブシンベル編」

Photo credit: Yasuko Kimura「初海外個人旅行でエジプト周遊19日間!その1 カイロ・ギザ・ルクソール・アスワン・アブシンベル編」

エジプトの首都カイロにある国立考古学博物館です。通称はカイロ博物館です。年中無休で収蔵点数は20万点にものぼると言われています。ツタンカーメン王の王墓から発見された金のマスクや黄金の王座をはじめ、カフラー王座像、ラムセス2世のミイラなど古代エジプト至宝が展示されています。

エジプト考古学博物館(Eguptian Museum)
住所:Middan it Thariir
電話:20 2 3377 7263
営業時間:
月〜木・土・日 9:00am〜7:00pm
金 9:00am〜11:00am・1:30pm〜7:00pm
入場料:
一般 60EGP
学生 30EGP
※ミイラの部屋に入るには別途料金がかかります。
一般 100EGP
学生 60EGP
参考サイト:http://en.egypt.travel/attraction/index/the-egyptian-museum/

2. ギザのピラミッド

Photo credit: Takeshi「Power of the Pyramid in SAPPORO」

Photo credit: Takeshi「Power of the Pyramid in SAPPORO」

ピラミッドを観に行くなら抑えておきたいピラミッドの1つがギザのピラミッドです。クフ王が建設したギザの大ピラミッドは、ピラミッド建築の頂点とされ、最大規模を誇っています。14世紀にリンカン大聖堂の中央塔が建てられるまでは世界で最も高い建築物でした。また、ピラミッドの最上部にはクフ王の名前が残されています。このピラミッドには4000人の人が作業員として建築に関わったとされています。

ギザのピラミッド(The Pyramids of Giza)
住所:Gizeh AI Qahirah Egypt
営業時間:9:00am〜5:00pm
定休日:無休
入場料:
大人 60EGP(ピラミッド地区共通入場券)
子供 30EGP(ピラミッド地区共通入場券)
参考サイト:http://discoveringegypt.com/pyramids-temples-of-egypt/pyramids-of-giza/

3. アブ・シンベル大神殿

Photo credit: Yuichi Kudo「古代エジプトを辿る ナイル川クルーズの旅」
1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。