ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ぷるっぷるのわらび餅が載った黒糖蜜たっぷりのかき氷

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月9日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、郡上街道を、岐阜県関市から郡上八幡までを歩き、日本最大級の盆踊りを目指す旅の中で、藤吉久美子さんが「茶房とみや」(岐阜県美濃市)を訪れた。同店は長良川鉄道美濃市駅から徒歩10分ほどにある、江戸時代末期の建物を活かした古民家カフェだ。

夏限定で食べる事ができる「わらび氷」は、かき氷の上に黒糖蜜、つぶ餡を入れてふわふわのかき氷でこんもりと蓋をし、更にその上から黒糖蜜をたっぷりとかけて、一口大にカットされた黒糖を練り込んだわらび餅を載せたあと、たっぷりのきなこをまぶした黒糖づくしの1品。冷たい氷と店自慢のぷるっぷるに弾力のあるわらび餅を一緒にたべることができる欲張りなスイーツになっている。
藤吉久美子さんは「うわ、きなこの良い匂いが・・・。ん~、おいしい。黒糖が甘すぎず、さっぱりしてて、わらびが冷たくって、ぷるんぷるんです。」と満足そうに涼をとった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:茶房とみや(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:関・美濃のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:関・美濃×カフェ・スイーツのお店一覧
夜中でも食べられるオリジナル「かき氷」
ネタ新鮮さとサイドメニューの豊富さが人気の回転寿司チェーン!

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。