ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マニアック!インドのタミル語に対応した、初のテキスト音声変換アプリ「Hear2Read」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界第二位の人口を擁し、インダス文明からの長い歴史を持つインドは、800種類以上の言語が存在する多言語国家。

ヒンディー語が公用語に定められているものの、各地では、その地方の言語が日常的に使われている。

・インドの言語に対応したテキスト音声変換アプリ

聴覚障がい者の支援に取り組む非営利団体「Hear2Read」は、米カーネギーメロン大学と提携し、2016年8月、タミル語に対応したテキスト音声変換Androidアプリ「Hear2Read」をリリースした。

Androidの視覚障がい者向け補助機能「TalkBack」と動作する仕組みとなっており、ウェブブラウザや電子メール、SMSメッセージ、電子書籍などで、タミル語のコンテンツを自動的に読み上げてくれる。

「Hear2Read」では、ネイティブスピーカーによる数時間分の話し声をサンプルデータとして機械学習システムに読み込ませ、ベースとなるテキスト音声変換システムを開発。

各言語の共通点に着目し、同一の技術を複数の言語に適用させることで、機械学習に必要なサンプルデータを軽量化し、低スペックのAndroid端末でも、このアプリが利用できるようになったという。

・より多くの人々が利用できるオープンなツール

従来、インドの言語に対応したテキスト音声変換システムは、入手しづらく、高価なうえ、使いづらいのが課題であった。

「Hear2Read」では、タミル語のほか、2016年内に、ヒンディー語、ベンガル語、グジャラート語など、インドの7言語に対応する方針。

インド各地で生活するより多くの人々が、日常の情報収集やコミュニケーション、学習などに、このアプリを利用できるよう、環境を整えていく考えだ。

Hear2Read

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP