ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、VRコンテンツ配信等でアリババクラウドと提携

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCは、アリババクラウドとの提携を発表しました。アリババクラウドは、中国のアリババグループでクラウドコンピューティングに関する事業を展開しています。

この提携により、両社は世界中の消費者に対して大規模かつコストパフォーマンスの良いVRソリューションを提供するとしています。具体的には、アリババクラウドのクラウド技術を使い、VRコンテンツの中でも注目を集めているVR動画(360度動画)の制作や配信にあたっての帯域強化を狙っているとのこと。また、HTCが世界レベルに展開を予定しているVRコンテンツ配信ストア『Viveport』にもアリババクラウドの技術を適用していくとのこと。

アリババクラウドのビジネス・アーキテクト・ディレクター Ge JIN氏は、「クラウドコンピューティングは人間が”ここまでしかできない”と思っている限界を越えることができます。両社の提携により、世界で最も革新的なVRとクラウドという技術が組み合わさることで、さらなるビジネスの価値を生み出すことでしょう。また、この提携によって中国のVR関連技術が加速され世界に展開していくことになるでしょう」と述べています。

アリババクラウドは、浙江大学に技術提供を行い、360度で両眼立体視が可能な3分間のVR動画を3日以内にレンダリングすることが可能になったとのこと。この処理には10万基のプロセッサーコアと12コアの高処理サーバーをノンストップで8,000時間稼働させる必要があります。

VRコンテンツ制作に関しては360度動画を制作しているアメリカのスタートアップJauntがクラウドを使用した360度動画制作サービスを立ち上げています。

今後クラウドを活用したVRコンテンツ制作、配信の流れが加速するものと思われます。

(参考)
Alibaba Cloud Partners with HTC to Advance Virtual Reality Development with Cloud Computing Solutions – PR Newswire
http://www.prnewswire.com/news-releases/alibaba-cloud-partners-with-htc-to-advance-virtual-reality-development-with-cloud-computing-solutions-300310934.html

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP