ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VRストリーミングのNextVR、ソフトバンク等から8,000万ドルの資金調達

DATE:
  • ガジェット通信を≫

VR向けのストリーミング配信を行うNextVRはシリーズBとして8,000万ドル(約80億円)の資金調達を実施しました。

NextVRは2015年11月にシリーズAにて3,050万ドルの資金調達を行いました。今回のシリーズBには、中国のCITIC、日本のソフトバンクなどが参加し、タイム・ワーナーなど過去に同社に投資したファンドも再度参加しています。

NextVRは、創業期、シリーズAと合わせると総額1億1,600万ドル(約116億円)の資金調達を行ったことになり、VR向けの映像作品を制作しているJaunt社の資金調達規模と並び最も資金調達を行ったVR関連のスタートアップとなります。

世界各地の音楽ライブ、スポーツを抑えつつあるNextVR

NextVRは、音楽ライブやスポーツなどの360度生中継を行う技術を有しています。これまでもゴルフのUSオープンを皮切りにサッカーのインターナショナル・チャンピオン・カップなどのVR中継を行ってきたほか、世界的なイベントプロモーターであるライブ・ネーションとも業務提携を行っています。

「この新たな投資を受けて、我々はスポーツや音楽のライブを提供し、世界で最大規模のファンたちのニーズを満たすようなVR配信プラットフォームを作り上げます。アジアの投資家からも支援いただくことで、中国、韓国、日本からも国際的なコンテンツを配信していきます」とNextVRのブラッド・アレン会長は述べています。

NextVRは、2009年に創業。VR向けのストリーミング配信に関する36の特許を保有しているとのこと。今回の投資を受けて、さらにどのようなイベントの放映権を獲得してくのか、注目が集まります。

(参考)
NextVR Raises Huge $80 Million Investment Round For Live Streaming Sports – UPLOAD
http://uploadvr.com/nextvr-raises-80-million-live-streaming-sports/

※米UploadVRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP