体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

連載旅小説「私はニューヨークなんか、興味がなかった」第2話/恋人紹介業者からスカウトされる!?

■あわせて読みたい
連載小説「私はニューヨークなんか、興味がなかった」第1話/人生のレールを外れると、何が始まる?
http://tabizine.jp/2016/08/03/87271/

私はニューヨークなんか、興味がなかった。

なのに、私は今ニューヨークに滞在している。会社は不本意な退職だったけど、退職金も貰えたし、人生巻き直しってとこね。

私の名前は、白雪ひとみ(しらゆきひとみ)。まるで、漫画の主人公みたいな名前よね。通称「ヒメ」。苗字がなんたって白雪でしょ。名前についてからかわれるのは、もう慣れっこ。だって、32年間もこの名前をやっているわけだしね。

【連載第2回】ニューヨークの魔法って存在するの?
(C) Hideyuki Tatebayashi

ブルックリンの老舗ステーキ屋には、昔の温泉旅館並みの帳場があった

【連載第2回】ニューヨークの魔法って存在するの?
(C) Hideyuki Tatebayashi

ニューヨークに来て、3日目。

今日はニューヨーク駐在の友人鈴子夫婦が、老舗のステーキ屋に連れて来てくれたの。ニューヨークで今一番トレンドのエリア、ブルックリン。そこにある「ピーター・ルーガー」は、ニューヨークで一番ステーキが美味しいらしい。予約を取るのが大変だったんですって。予約の確認をする受付は、昔の温泉旅館の帳場みたい。手書きの予約受付簿を抱えたバアサマたちが、鼻眼鏡ごしに「ふんふん、アンタたちの予約はこの帳簿にありますよ。あと、20分ほど待ちなさい」とか言っているらしい。私、正直英語はあんまり得意じゃないのよね。特に聞き取りが苦手。え、あなたもそうですって? 鈴子のご主人は商社マンで海外駐在になるくらいだから、英語は堪能。ここは、彼にお任せ。

■関連記事
【NYの予約がとれない店】老舗ステーキ、ピーター・ルーガーに行ってみた

【連載第2回】ニューヨークの魔法って存在するの?
(C) Hideyuki Tatebayashi

アメリカの古き良きレストランって感じなのかしら。お客は予約の時間まで、バーで飲んだり、サーバーが次々と運ぶステーキに見惚れたりして待つの。やっとテーブルに案内してもらって、着席。あーあー、お腹すいちゃった。さてさて、何が食べられるのか楽しみ。食べることは大好き。

チョー美味のオニオン・ブレッド

【連載第2回】ニューヨークの魔法って存在するの?
(C) Hideyuki Tatebayashi

うわ、何これ。最初に出てきたパンが、チョー美味しいんだけど。鈴子に「ステーキが入らなくなるわよ」と止められるまで、4個も食べちゃった。数種類カゴに盛られているのだけれど、お気に入りはオニオン・ブレッド。外側はパリッと、内側はしっとり、もっちり。頼めばお代わりも持ってきてくれるの。あなたにも食べさせてあげたいくらい。

薔薇色のステーキに夢心地

【連載第2回】ニューヨークの魔法って存在するの?
(C) Hideyuki Tatebayashi

いよいよステーキのお出まし。名物のTボーンステーキ。外側は焦げ目がしっかり、内側は薔薇色のステーキ。サイドに頼んだジャーマン・フライドポテト(Luger’s Special German Fried Potatoes)と一緒に、男性のサーバーが各自に取り分けてくれるの。ピシッと糊のきいた白シャツとエプロンがプロって感じで素敵。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。