ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』のライブ・コンサート・ツアーが2017年に開催決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人気テレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』が、テレビ画面からステージへと展開する。

8月8日(現地時間)、米大手イベントプロモーター会社のライブ・ネイションが、米28都市で『ゲーム・オブ・スローンズ』のライブ・コンサートを実施することを、ロサンゼルスにあるハリウッド・パラディアムで発表した。米ケーブルテレビ局HBOで放送中の同シリーズの楽曲をもとにするこのライブ・ツアーは、「7つの王国に未だかつてないスケールで命を宿らせる、音楽とヴィジュアルの経験」と表現されている。

ハリウッドの路上で、USCマーチング・バンドが、喜ぶ数百人のファンと渋滞中の車に向けて同シリーズのテーマソングを演奏しながら、イベントの幕は切って落とされた。

会場の中では、ブラン・スターク役のアイザック・ヘンプステッド・ライトが、同シリーズの作曲家とライブ・ツアーの指揮を執るラミン・ジャヴァディを紹介した。

ジャヴァディは、ライブ・ツアーのアイデアがドラマのクリエイターたちから生まれたと説明した。「我々は、ある音楽をレビューするために一緒にスタジオにいた。そこにいた1人が、『これをライブで見たいな。フルオーケストラで。聖歌隊も見たい』と言った。それが始まりだった」(ジャヴァディ)

ライブ・ツアーは、LEDのスクリーンと特別なステージデザインの融合になる予定だ。ステージのコンセプトアートでは、火柱を立て、聖歌隊とオーケストラを収容する塔に挟まれた巨大なスクリーンが確認できる。ジャヴァディは、ライブはそれぞれが生で見ることによってより印象的になると約束する。「360度から見ることの出来るステージをデザインした。会場に悪い席は存在しない」(ジャヴァディ)

ジャヴァディは、音楽について、演奏する曲目に「Mhysa(原題)」「The Children(原題)」「Light of the Seven(原題)」のようなファンに好評な楽曲が含まれるだろうと語った。

ライブ・ツアーは、2017年の2月にカンザスシティでスタートし、ロサンゼルス、ニューヨーク、ラスベガスを含む28都市を回り、カナダでの3公演も行われる予定だ。チケットは、8月13日からライブ・ネイションで発売となる。

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7の初放送は2017年夏の予定で、ライブ・ツアーはファンにとっていい穴埋めとなるだろう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP