体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

内見したら映画館だった?! 秋田の「映画館付きの家」に行ってきた

116223_main

今年5月、「物件を借りたら映画館だった」というネットニュースが話題になっていた。物件が映画館? では、部屋はどうなっているの? 家賃は? 間取りは? と気になることばかり。ということで、さっそく現地に行き、気になる「住み心地」や「満足度」について、話を聞いてきた。

映画館では、子ども2人と夫妻、映写技師の5人が暮らす

「閉鎖になった映画館をサラリーマンが引越してきて、再開した」。そんな、映画を地で行くような話の舞台となったのは、秋田県北部の大館市。青森県にも隣接する人口7万人超の小さなまちだ。

2014年に再開されたのは「御成座(おなりざ)」。東北地方では独立した建物としては、唯一の名画座だ。ちなみに筆者が訪れた日は、再開2周年&大館にちなんだ作品ということで、『ハチ公物語』を上映していた。そう、渋谷にもいる忠犬ハチ公は、大館出身なのだ。【画像1】御成座の代表を務める切替義典さん。この映画館の2階に家族と暮らす(写真撮影/嘉屋恭子)

【画像1】御成座の代表を務める切替義典さん。この映画館の2階に家族と暮らす(写真撮影/嘉屋恭子)

「あー泣いたよー」と目をこすりながら、登場したのはこの映画館の支配人・切替(きりかえ)義典さん。現在、妻と子ども2人、映写技師さんとともに、この映画館に暮らしている。ただ、切替さんはもともと千葉出身、現在も千葉県に一戸建て(しかも新築で購入!)を所有しているという。

「千葉の家は、まだ築3〜4年だし、住宅ローンもたっぷり残っているよ。だから必死で働かないと」と笑う。現在は切替さんの母親が住んでいるという。切替さん自身は出張が多いため、この秋田の映画館兼住まいは、妻と子ども、映写技師さんが長い時間を過ごすそう。

2012年ごろから秋田県での仕事が増えたため、自分とスタッフが寝泊まりする場所と事務所を兼用した建物を探すところからスタートした。あくまでも、会社員の仕事の一部として探したのがはじまりだ。

「このあたりは空き家も多いんですが、駐車場が付いて建物が使えて、寝泊まりできるとなると、ピンとくる物件もなくて。ただ、何度かこの建物の前を通り過ぎたことがあり、気になってなかを内見させてもらいました」【画像2】1階エントランス部分。黒のペンキで塗ったのは、「もともとの色が出てこないようにするため、仕方なく」だったそう。観音開きになっている扉も、ガラスと木材を購入してDIY!(写真撮影/嘉屋恭子)

【画像2】1階エントランス部分。黒のペンキで塗ったのは、「もともとの色が出てこないようにするため、仕方なく」だったそう。観音開きになっている扉も、ガラスと木材を購入してDIY!(写真撮影/嘉屋恭子)

第一印象は、ひと言でいうなら最悪に近く、「とにかく怖かった」と話す。それもそのはず、9年間も空き家でろくに手入れもされておらず、外観からは映画館とは想像もつかなかった。ガラスは割れたままで、扉代わりに板を打ち付けていて、電気もつかないので真っ暗。懐中電灯をかざしながらの見学となった。

「でも、どうやら普通の家じゃなさそうだったので、気になって不動産の担当者に聞いたんです。そしたら“ああ、前は映画館だったんだよ”って返事が返ってきて。先に教えてくれよと思うんですが、そこで初めて映画館だと知ったんです(笑)」【画像3】エントランス部に置いてある映写機。こうした懐かしの映写機を見たいと、訪れる人も後を絶たない(写真撮影/嘉屋恭子)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。