ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

衆参で3分の2獲得の改憲4党 内部でバトル勃発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 参院選に勝利した夜、安倍首相はこう宣言した。

「憲法審査会に議論の場が移る。どの条文をどのように変えるか集約されていく」 ──今後、憲法改正に向けた動きが進んでいくのは間違いない。しかし、改憲派勢力も決して一枚岩ではなく、内部での熾烈な戦いが予想される。

 自民党を中心に公明党、おおさか維新、日本のこころ、の「改憲4党」が衆参で3分の2の勢力を獲得し、憲法改正を発議できる環境が整った。ところが、その途端に改憲勢力内でバトルが勃発した。

「野党第1党も加わらないと(改憲の)発議はできないというのが(国会の)コンセンサスだ。民進党がダメと言うものは、ダメだ」

 テレビの討論番組でそう言いだしたのは公明党の斉藤鉄夫・党憲法調査会長代理だった。怒ったおおさか維新の会代表の松井一郎・大阪府知事が「民進党に責任をかぶせて選挙での約束を知らんふりは無責任だ。何のために3分の2を取ったのか」とかみつき、改憲論議は早くも前途多難の気配を漂わせている。

「改憲政党」と言っても、実は4党の方針はバラバラだ。国民の関心が最も高いのは憲法9条の改正だ。

 自民党の改憲案では9条に「国防軍創設」を明記した。「外に向かって軍隊、内に向かって自衛隊。こんな詭弁はやめようというのが自民党だ」そう語った安倍首相の悲願が9条改正にあることは間違いない。

 日本のこころも改正案(概要)で、「国連憲章を踏まえた自衛権を明記する」としている。

 それに対して、おおさか維新の会は「9条改正は時期尚早」(松井一郎・代表)と「教育無償化」「地域主権」(道州制)などに重点を置いた独自の改正案を発表し、一方の公明党は現憲法に新しい条文を加える「加憲」の方針を掲げているものの、「第9条の改正は必要ないと考えます」(同党参院選特設サイト)と主張している。どの条文から改正するか、一本化するのは容易ではない。

●レポート/武冨薫(ジャーナリスト)

※SAPIO2016年9月号

【関連記事】
小林よしのり氏 安倍総理は評価しないが、改憲するなら支持
森永卓郎氏 安倍自民の憲法改正案は生活保護や年金削る狙い
香山リカ氏 憲法改正の盛り上がりは不安からの逃避に見える

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP