ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「神ってる」鈴木誠也 偶然ではなく精神的に強くなったから

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつて強かった頃広島カープは、堅守好投、バントをして良く走るチームだった。しかし、今年の強いカープは間違いなく打つチームだ。最強の赤ヘル軍団時代を知る3人、安仁屋宗八、達川光男、北別府学の3氏が、格段によくなった広島打線、「神ってる」と言われる鈴木誠也の勝負強さについて語った。

──チームの原動力は、昨年と比べ格段に良くなった打線でしょうか。

安仁屋:石井琢朗、迎祐一郎、東出輝裕の3コーチが、試合前の練習で選手たちに、実によくバットを振らせている。その効果が出ているんじゃないかと思うよ。

達川:それは大きいと思いますね。田中(広輔)が軽く振ってる感じで逆方向に大きな当たりを打てている。下水流(しもずる)昂、西川龍馬と若い選手が出てきた。それにベテラン、中堅が噛み合っている。

達川:石井コーチが「三振を減らす」と言っていて、2ストライクまでは思い切って振るけど、追い込まれたら反対方向へ押っつけるのを徹底させている。それで三振が減って、四球がかなり増えた(8月3日終了時点で364四球はリーグ2位。記録は以下同)。

安仁屋:そうそう、田中、菊池(涼介)、丸(佳浩)の1、2、3番は、打率もさることながら、四球をよく選んでいる。特に田中ね(57四球はリーグ5位)。

北別府:ボクは打たせて取るピッチャーだったから、今の広島打線を相手にしてたら大変だったでしょうね。追い込んでも臭い球をカットされているうちにイライラして四球が増える。振り回してくれる方が、簡単に打ち取りやすいですからね。

──鈴木誠也は交流戦で2試合連続サヨナラ本塁打。「神ってる」は流行語にもなっています。

安仁屋:もともとパワーもあり、いいものを持ってると聞いていたが、あそこまで勝負強さがあるとはね。

達川:去年から緒方(孝市)監督が目をかけていたけど、それがプレッシャーになっていたのかな。今年も故障で開幕には間に合わなかったが、下水流や天谷(宗一郎)が使われる中、巡ってきたチャンスをつかんで這い上がってきた。神がかりも偶然ではなくて、精神的に強くなっているんですよ。
 
●あにや・そうはち/1944年、沖縄県生まれ。1964年に広島入団。広島に在籍した13年間で90勝をあげている。巨人戦に強く(通算34勝)、「巨人キラー」と呼ばれる。引退後は広島の一軍・二軍投手コーチ、二軍監督を歴任し、今年は春季キャンプで臨時投手コーチを務めた。

●たつかわ・みつお/1955年、広島県生まれ。1978年に広島入団。広島黄金時代の正捕手として活躍した。野村克也氏らが得意とした「ささやき戦術(打者にささやきかけ、集中力をそぐ戦術)」の使い手として有名。引退後は広島二軍監督を経て一軍監督を2年務めた。

●きたべっぷ・まなぶ/1957年、鹿児島県生まれ。1976年に広島入団。優れた制球力を武器に広島で213勝をあげる。最多勝2回、最優秀防御率1回のタイトルに輝き、沢村賞を2回受賞。コントロールのよさから「精密機械」と呼ばれた。引退後は広島の一軍投手コーチを務めた。

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2016年8月19・26日号

【関連記事】
【プロ野球コーチの役割】ヘッドコーチ編 監督退場時は代役
星野監督 四球嫌いは高校時代に監督から殴られていたから
【プロ野球コーチの役割】投手コーチ編 元捕手がなる例も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP