ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外の情報収集には「レストラン」が良いらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在では『地球の歩き方』でも様々な国がカバーされ、以前と比べるとマイナーな国にも行きやすくなりました。それでも、全ての国の情報が詳細に集められるかといえば、そうではありません。

そこで今回はマイナーな国のレストランやショップに行くことで、マイナーな国への旅行がさらに豊かになる事例をご紹介しましょう。

 

事前に訪問国の情報を収集することができる

Photo by 新田浩之

例えば、東欧のベラルーシを訪れるとしましょう。本屋に行き『地球の歩き方』のベラルーシを探してもありません。かろうじて、ロシアと合わせる形でベラルーシが紹介されています。しかも、ベラルーシの項目はたったの数ページ!これですと、ベラルーシにどのような観光スポットがあるのかよく分かりませんね。

 

その際は、東京にあるベラルーシ料理店に行ってみましょう。そこでは、ベラルーシ料理が食べられることはもちろんですが、ベラルーシに関する書籍や写真集もあります。これらの本を読むと、ベラルーシのイメージが簡単に湧いてきます。

このように、マイナーな国のレストランやショップに行くと、その国の書籍やパンフレットが置いてあることが多いです。このようなところから、情報収集ができます。

 

事前に文化面の予習ができる


Photo by 新田浩之

あまり知識がないまま、マイナーな国に行くと少し後悔することがよくあります。例えば知らなかったために、その国の料理を食べ損ねたという例が挙げられますね。事前にマイナーな国のレストランに行っておけば、そのようなミスを防ぐことができます。

どのような食事がおいしいか、把握できることはもちろんのこと、前もってその国の雰囲気を感じることができます。そうなると、行くべき、体験すべきことが自ずと絞られてくるので、効率よく旅することができます。

 

お得な情報が得られることも!


Photo by 新田浩之

ショップやレストランに行き、ただ買うだけ、ただ食べるだけだとあまりにももったいない!ぜひ、その店の店員やオーナーと話してみましょう。誰も知らないような観光スポットを知ることができることも。

 

お店によっては、その国のビジネスセンター的な役割を担っていることもあります。例えば、その国に関する仕事関係の話をオーナーと相談し、オーナーが人を紹介してくれたおかげでビジネスが成功したという事例もあるようです。

またマイナーな国ですと、大使さんがそのショップ、レストランに訪れることもよくあります。お店を媒体にしてビジネスを発展させることもできるのです!

 

レストラン・ショップを訪れた後、あなたがすべきこと

おそらく営業職を経験した方なら分かると思いますが、レストランやショップでお世話になったら、その日のうちに感謝のメールを送ることをオススメします。そこから、旅行を超えた新たな魅力的な人脈ができるはず。やっぱり、ひとりで楽しみよりも大勢で楽しんだ方がいいですからね。

このように、マイナーな国の情報収集はとにかく足で稼ぐこと。そうすると、旅に深みができ、さらに交友関係が広がります。

もちろん、いつも成功するわけではありませんが、私はこのようにして、地道に情報を収集しています。機会がありましたら、ぜひ実践してみましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

バイク、電車、車中泊など!経験者から学ぶ、日本一周の移動手段と費用
2016年はさる年!日本全国「さる」が主役の観光スポットに行こう!
【安い!美味しい!】世界一周した僕がオススメする自炊できる旅料理5選!
「大人しい人」こそヨーロッパ1人旅がオススメな3つの理由 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP