体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

意外と知られていないバルト三国ラトビアの魅力

意外と知られていないバルト三国ラトビアの魅力
ヨーロッパと言えば、スペイン、フランス、イギリス…など西側諸国が有名ですが、 意外と知られていないバルト三国。その中のラトビアについてご紹介します。

 

ラトビアの首都リガの旧市街は世界遺産

DSC03862
Photo by Shinya
ラトビアの首都であるリガの旧市街は世界遺産に登録されており、華麗なヨーロッパらしい場所。
建物も古くから残されており、時折時代を過去にタイムスリップしたような感覚に陥ります。

 

ラトビアは長い間、ロシアやドイツなどの国家による征服統治を経験したことにより、様々な建築スタイルが入り混じっているいるのが特徴的です。それがリガの街並みの一番の魅力だと思います。また北欧が近いため、北欧雑貨などを見かけることができます。

 

リガ旧市街にあるおススメ観光スポット

リガ大聖堂

13662163_10209687484965564_4541190318045209378_o

Photo by Shinya

バルトで最大と言われている教会、リガ大聖堂。800年ほどの歴史を持つ、迫力ある教会です。

自由記念碑

13719443_920490714727641_598088508644793568_o

Photo by Shinya

 ラトビア独立戦争の戦没者の悼み作られた記念碑である、自由記念碑。旧市街の入り口に建てられているこの像は、花が添えられ、時間によっては護衛隊の交代も見ることができます。

三人兄弟の家

13734910_10209687485005565_6155825795266273917_o

Photo by Shinya 

それぞれの歴史が違った建築物が並ぶ「三人兄弟の家」。白い建物は15世紀に建てられたもので、今にも倒れてしまいそうなくらい歴史を感じます。
 

 

周辺国に比べて物価が安い!

bank-note-209104_960_720
Photo by pixabay

ヨーロッパと聞くと物価が高いイメージですが、バルト三国は物価が安く過ごしやすい環境です。
通過はユーロが導入されているものの、北欧に比べると感覚的には半値以下ほど、5ユーロ程度で 十分なご飯を食べることができます。

 
交通面でもバスは1回1.15ユーロ、宿泊も高レベルのホテルでも1万円程度、ドミトリーなどのバックパッカー向けのホステルは1000円程度で宿泊が可能です。

 

女性が多く、美人も多い

CIMG9433
Photo by Shinya

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。