ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結局「ビデオ・オン・デマンド」の正解はどれ? 1カ月ガチで試してみた!

  • ガジェット通信を≫

映画を見たり、海外ドラマを見たりと、あると便利なVOD(ビデオ・オン・デマンド)。いつでもどこでも見たい映像を楽しめる手軽さから、ユーザーも増えているそうです。かくいう筆者も、数年前からいくつかのVODを契約中。でも、VODの種類自体が増えたために、「今のままでいいのか、もしかしたら別のVODのほうが自分には合っているかもしれない…」と悩んでいました。そこで、代表的な5つのVODをきっちり1カ月間試してみました!

動画数ナンバーワンの「dTV」

月額540円(税込)で映画やドラマ、アニメ、さらには話題のアーティストのミュージック・ビデオまで12万本を超える動画が見られる「dTV」。筆者は毎日1本映画を見るくらいの映画好きなので、実はほかのVODだと「話題作を押さえたいのはわかるけど、ほとんど見ちゃってるんだよなー」なんて不満に思ってました。が、この本数はさすがに圧巻。正直、まだレンタル屋に通っている人がいたら「なんで!?」と問いただしたいくらい便利です。毎日新着作品をチェックするだけでも楽しかったです。

ちょっとだけ不満を言うとすれば、新作映画は有料が多いこと。つまり、見放題ではなく、追加料金がかかるんです。間違って押しちゃって知らないうちに課金…なんてことはないので安心ですが、ガッカリするのはたしか。これはほとんどのVODに共通することですが、1年以上前に公開された作品を中心に見ていくつもりなら、大満足だと思います。あと、勘違いしている人も多いと思うので念のためご報告しておきますが、ドコモユーザーじゃなくても契約できます。

インディーズ作品のセンスがいい「Netflix」

「Netflix」は、画質にこだわらない(といっても、PCやスマホ視聴ならほぼ問題なし)ベーシックプランなら702円(税込)。まだ歴史が浅いので配信本数はdTVほどではありませんが、映画もドラマも話題作は押さえている印象です。ほかのサービスと比べると、アニメがちょっと弱いかもしれません。

ただし、個人的には一番Netflixが気に入っています。「新作は課金しないと見られない」というガッカリシステムもないし、特に「インディーズ」とジャンル分けされたミニシアター系映画が多いのです。そして、すごくセンスがいい! 映画が好きじゃなければ一生見ないような…というと魅力が伝わりづらいのですが、「知る人ぞ知る名作」が揃っています。地味に気に入ったのが、おすすめ順に作品を並べてくれるサービス。契約時に20本くらいの映画の中から好きな作品を3本選ばされて、そのチョイスの傾向から作品が並べ替えられるのです。おかげで「何かいい映画ないかな」的な探し方をする時、すごく便利でした。いい映画が見たい人は、これで決まり!

オリジナルドラマがアツい! 「Hulu」

「Hulu」はサービス開始から6年近く経っており、VOD界では古参の部類。月額1,007円(税込)で、2万本以上の動画を見ることができます。

映画も海外ドラマも豊富ですが、日本テレビが運営しているので、同社のコンテンツがテレビ放送終了後すぐに見られるというメリットが。うっかり見逃しちゃった時に、小躍りしたいくらい便利でした。『名探偵コナン』や『宇宙兄弟』など読売テレビのアニメも多数配信されているので、テレビ好き、ドラマ好きにはもってこいじゃないでしょうか。あと、超大作やアクション映画もひと通りそろっているので、コアな映画好きじゃなければ、特に男子は大満足だと思います。

個人的には、最近配信されはじめた「Huluオリジナルドラマ」が一番の推しポイント。豪華キャストでクオリティも高いので、気になる作品があればぜひ。

新作も見れる、けど…「U-NEXT」

Huluと同じく老舗と言っていい「U-NEXT」。配信本数は12万本以上、その中の約4万本は見放題と、本数だけでいえば業界トップのdTVといい勝負です。ラインナップを見ても、納得の充実感。フジテレビやTBSのドラマが配信されているので、国内ドラマ好きにはおすすめです。さらに、ファッション誌、週刊誌、ビジネス誌など15ジャンルの雑誌最新号の読み放題サービスがついてきます。これは契約してはじめて知りました。スマホでも読めるので、移動中の暇つぶしにぴったりでしたよ。

問題なのは料金が高いこと。月額料金が2,149円(税込)と、こちらも業界トップなんです。ただし、月額料金には1,000円分のポイントが含まれているので、「お金がかかっても新作を見る」という人には、さして割高感はないと思います。電子書籍やマンガもこのポイントで買えるので、エンタメをこれ一本に絞るならアリかもしれません。お得感を優先するか、最新作のチェックを優先するかはあなたしだい!

安さはピカイチ! 「Amazonプライムビデオ」

「Amazonプライムビデオ」は、ご存じAmazonのサービスのひとつ。年3,900円(税込)を払ってAmazonプライム会員になれば、お急ぎ便、お届け指定便などの宅配サービスが使い放題なうえ、ビデオや動画が見放題になります。ほかのVODと比べやすいよう月額換算にすると、なんと325円。

気になるラインナップは、外国映画が728本、日本映画が645本、テレビドラマが406本、アニメが178本(映画含む)といったところ。しかも、外国映画の半分くらいは日本語字幕がついていないので、現実的に見られる本数はあまり多くありません。

といっても、話題作はかなりのところ網羅されているし、試している1カ月の間にもどんどん新作が追加されていたので、今後この調子で作品が追加されていけば、かなり満足できるサービスになるんじゃないでしょうか。あと、古い日本映画が多いので、「わざわざ借りるほどじゃないけど、一回くらい見ておきたい」という人にはぴったり。個人的には、月に1回でもAmazonでお買い物をする人なら入って損はないと思います。

いろいろ言ってみましたが、最終的にはある程度の期間使ってみて決めるのが一番だと思います。前評判を聞いていろいろ想像していたんですが、実際使ってみると「意外に良かった」「思ったほどじゃなかった」サービスもありました。どのサービスも「30日間無料」的なサービスをしているので、ぜひ試してみてくださいね。よりよいVODライフを!

(今回紹介した商品)

・dTV

dTV 公式サイト

・Netflix

Netflix 公式サイト

・Hulu

Hulu 公式サイト

・U-NEXT

U-NEXT 公式サイト

・Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ 公式サイト

文/小倉志郎

関連記事リンク(外部サイト)

お家焼肉が贅沢に捗る! 無煙ロースターの実力を検証してみた!
トレンドは“自然の風”。2016年夏、扇風機の“買い”はコレだ!
おうち時間が好きになる♡ 気分がアガるおしゃれルームウェア

カテゴリー : エンタメ タグ :
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP