ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グランピングをするなら!木更津にオープンしたWILD BEACHへ【千葉】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、四季なら断然夏派!の編集鈴木です。

夏の青空と入道雲、ミンミン鳴くセミに「ああ、夏が来た」と喜びを隠せない私ですが、

毎年9月になってから気づくことがあります。

「今年も夏らしい事してないじゃん」そう、毎年一瞬で過ぎ去る夏。

今年こそ何か夏らしい事をしたい!ということで、この6月から木更津にオープンしたWILD BEACHを調べてみることに。

ここではグラマラスなキャンピング「グランピング」を体験することが出来るのです。

ちょっと遠出がいい。木更津にオープンしたWILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK

優雅でスタイリッシュなグランピングを体験することが出来る

2016年6月に木更津にオープンした「WILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK」は、都心から30分で行ける「手ぶら」「スマート」「気軽」をコンセプトにグランピングを楽しめる、大型アウトドア複合施設。

運営するのは、これまでに「MAGIC BEACH」や「WILD MAGIC」をプロデュースしてきたRECREATIONSという会社。以前、豊洲にある「MAGIC BEACH」でBBQを体験した事がありますが、ビーチにいるような演出が都会の喧騒を忘れさせてくれるので、非日常を味わうにはおすすめしたいスポットです。

今回の舞台は千葉県の木更津ということで、豊洲へ行くよりは旅感覚が味わえる距離感。シーサイドドライブや木更津アウトレットと一緒に楽しむとよさそうです。

3つの施設から成る、アウトドア複合施設

今回、私が目的にしているのはグランピングなのですが、どうやら「WILD BEACH」はバーベキューをしたり、テントで過ごすグランピングの他にも宿泊施設が用意されているようです。

・アメリカンモーテルスタイルのキャンピングホテル「RHINOS」

・西海岸ヴィンテージテイストのキャンプ&バーベキュー「Wild Kingdom」

・770トンの白い砂浜が広がるグリルレストラン「THE BEACH 77」

大きくはこの3つの施設で構成されており、更に5つのプランからコースを選びます。

レストランプラン

ボリューミーな「オープン記念ディナー」 3000円

肉塊ステーキ、ハンバーグ、スペアリブにこだわったモダンカリフォルニアスタイルのレストラン。「大人のレストラン」をコンセプトにしており、特別な日のディナーにもおすすめ。

ビーチバーベキュープラン

白い砂浜を眺めながらのバーベキュー

770坪の真っ白い砂浜でバーベキューを楽しめるプラン。施設屋上でバーベキューを行うルーフトップバーベキューは東京湾を一望することができます。

バーベキュープラン

本格的なバーベキューグリルを囲んで豪快に肉を焼こう

アメリカンビンテージをモチーフに、本場のアメリカンバーベキューを楽しむことが出来ます。持ち込みOKなのも嬉しいところ。

キャンププラン

見た目も可愛いグランピングコットンは、女子会としても◎ 16500 円~/1泊

ラグジュアリーな演出を楽しめるグランピングカバナは、カップルや男性に人気 19800円~/1泊

「グランピング」はこのキャンププランから選択します。ハイグレードなグランピングプランの中には、グランピングの本場であるインドから初上陸のテントを使用。中は広いのに柱が無いのは、軍事用に開発されたテントの耐久性があってこそ。

表示されている金額は1テント(4名~最大6名分)の価格。シーズンによって価格は変動するので宿泊の際はご確認を。

キャンピングホテルプラン

独立型、2階建、60平米超のヴィラタイプホテル。1室ごとに異なったテーマでデザインされています。

準備いらずで、思い立ったらすぐにでも行けるお手軽感が、ファミリーや女性のお客さまから指示を集める理由なのです。

夏シーズン以外の楽しみかた

夏のイメージが強いアウトドアですが、この秋以降に開催予定なのが、星空ツアーやハロウィンイベント。内容はまだ明らかにされていませんが、夜に行われるイベントなら、やっぱり宿泊したいところですよね。

まとめ

いかがでしたか?

木更津という立地とこのお手軽感があれば、残りの夏を十分に楽しむことができそうですよね。

まだ夏らしいことしてないという人は、友達をさそって木更津に繰り出してみてはいかがでしょう。 WILD BEACH

住所/千葉県木更津市金田東2-10-1

電話/070-3669-8480

営業時間/10時~22時(予約、問い合わせは10時~17時)

予約はこちらから

公式HPはこちらから

※この記事は2016年8月時点での情報です


関連記事リンク(外部サイト)

千枚田×青もみじの香嵐渓。緑まぶしい絶景ドライブコース【愛知】
全部無料!自然が生んだひんやり天然プール5選【東海】
【夏のオススメ観光♪松山編】 漱石や子規ゆかりの土地。文豪と詩人の街、松山へレッツゴー!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP