体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“硬派”なギークの祭典『Make: Tokyo Meeting 03』に行ってきた

コンピュータ関連の書籍出版で知られる『オライリー・ジャパン』が、5月23日、24日の2日間に渡り、電子工作やサイエンス・アート作品など展示するイベント『Make:Tokyo Meeting 03』を開催しました(当日にアップした速報記事はこちら)。このイベントは同社が刊行する雑誌『Make: Technology on Your Time』の読者である“電子工作マニア”らがそのDIYな作品を発表、また交流を深める場として企画されたそうです。

編集部はイベント前半である23日、会場の『デジタルハリウッド 八王子制作スタジオ』を訪れました。以下、会場の詳細な様子(この記事の完全版はこちら)。

最初に訪れたのは、独自の視点でおもしろい記事を掲載している『デイリーポータル Z』さんのブース。まずは動画投稿サイト『You Tube』のように見えるという透明なボードを紹介していただきました。なんというフォトジェニックな作品でしょう。こういったセンスの良さには毎度のことながら脱帽です。

『デイリーポータル Z』さんによる作品はほかにもありまして、こちらは『Google MAP ストリートビュー』のように見えるテープ? です。林雄司さんにデモンストレーションしていただいたのですが、まとめられているテープを伸ばしていくとまさに『Google MAP ストリートビュー』を眺めているような状態に。1人で訪れたために片手でテープの端を持ちながら片手で撮影するという醜態を披露してしまったのが心残りです。下のほうに見える灰色をした半月状の“モノ”は、『Google MAP ストリートビュー』に写りこんでいる車の先端部分とのこと。さすが芸が細かくてらっしゃる……。

『デイリーポータル Z』さんのライターのひとり “べつやくれい” さんは、「晩ごはん抜き」と書かれた “くす玉” を持ってずっと立っておられました。カメラのファインダー越しに思わず目が合ってしまいました……。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。