ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ついに始まった三男との線路沿い通い。気持ちの切り替えで母も大満足の電車見学タイム byマルサイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

三男のお散歩コースに「線路沿いで電車を見学」というメニューが追加されました。

次男をバス停で見送ったその足で電車を見に行くのが日課となってきています。 前回エピソード:次々に繰り広げられるイタズラによる惨劇。3人目だし、温かく見守れる…わけあるかいっ! byマルサイ

長男と次男、それぞれの電車夢中期にも毎日同じ場所へ通っていました。 関連記事:飛び出す、詰め込む、落ち着きがない…。三兄弟の母がナゾだらけの「男の子」の生態を解説! byマルサイ

当時は電車に釘付けの息子に「早く帰ろうよ〜」「もう充分見たじゃん」「電車の何がそんなに面白いの?」と、そんなことばかり言っていました。

この頃は要領も悪く手の抜き方もヘタクソで、家事と育児を両立させることがなかなかできず、お散歩に出ても一刻も早く家へ帰り少しでも家事を進めたいといつも焦っていたように思います。

そして現在。

食べっぱなしの食卓、敷きっぱなしの布団、干しそびれた洗濯物、出し忘れた猫の餌(←気の毒)

当然気になりますし、今すぐ帰ってどうにかしたいと思います。

けれども子どもと過ごす時間は本当に一瞬でとても愛おしいものだと知っている今、投げ出してきた家事よりも三男との時間を優先したい。

そして私は決心するのです。

今日は三男の電車見学タイムにとことん付き合う日にしてしまおう!!と。

何も一緒になって電車に夢中になる必要はありません。

三男が心ゆくまで電車を見、満足するまでそっと寄り添っていればいい

そんでもって寄り添いながらアレコレ思いを巡らせるのが、これまた楽しい。

午後の家事の段取り、今日の夕飯のメニュー、絵日記のネタ、1000万円の資産運用(妄想)

三男は電車をたくさん見ることができて幸せだし、私も空想上の1000万円でいい思いができたので大満足です。

自宅に戻ると目を覆いたくなるような現実に立ち向かわねばなりませんが、それは覚悟の上なのでどうってことありません。

主婦としての立場が危ぶまれない程度に手を抜きをつつ、子どもと徹底的に遊ぶ時間を毎日少しでも作ること

それが私なりの育児と家事を両立させるちょっとしたコツなのかもしれません。

今日も三男ととことん遊んだので午後の家事は山積みですが、そこは夕飯を手抜きして帳尻を合わせます。

そんな生活も今だけのことですもの。

今だけと割り切って、今だけしか味わえない子どもとの時間を楽しんでいきたいと思います。

著者:マルサイ

年齢:37歳

子どもの年齢:6歳・4歳・1歳

子どもたちが寝静まった後の大人のゴールデンタイムに描いた絵日記をインスタグラムに投稿するのが最高の娯楽。趣味は田んぼの生き物を観察すること。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

ギャン泣きして一歩も歩けず!何事にも物怖じしない娘が唯一怖がったあるものとは…!?
寝汗で布団がびっしょり、洗っても取れない臭い… 夏の天敵・子どもの『頭の汗』対策
幼稚園バスが自宅までくるのはいいけれど…。あれ?このままだと私、ママ友ができない!? by園田花ヨウ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP