体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

田中紘治 × タニヤマヒロアキによる新グループ発足! ベルハーと真逆をコンセプトにメンバー募集

田中紘治 × タニヤマヒロアキによる新グループ発足! ベルハーと真逆をコンセプトにメンバー募集

田中紘治とタニヤマヒロアキが、新しいアイドル・グループを立ち上げることを発表した。本日より9月1日(木)23:59までメンバー募集が行われる。

新グループは、BELLRING少女ハートのディレクターである田中紘治がディレクターを務め、同グループの「the Edge of Goodbye」「asthma」などを作曲し、ヤなことそっとミュートの運営も行うタニヤマヒロアキがサウンド・プロデューサーを務める。

「ジャンルは広い意味ではダンス・ミュージックになるんですけど、簡単に言うとt.A.T.u.ですね」と田中が発言しており、楽曲コンセプトや方向性はベルハーとは異なるものとなりそうだ。

発足の経緯や楽曲について語った田中紘治とタニヤマヒロアキの対談しを下記に掲載中。興味のある人は読んで応募してみてはいかがだろう?(西澤裕郎)

【募集内容】
★応募資格
16~22歳までの女性。経験不問。
現在ユニットやプロダクションに所属、または契約していない方。
9月から都内で活動開始できる方。

★応募方法
・件名 : 新ユニット、オーディション
・本文 : 名前、生年月日、最寄駅、緊急連絡先
・写真 : 全身・正面アップ(3か月以内の撮影)2点を添付してください。
※プリクラは不可
送り先 : audition@aqbirec.com
締め切り : 9月1日(木)23:59

《選考方法》
第1次審査 : メール(合格者のみ連絡)
※PCメールを受信できるように設定しておいてください。
第2次審査 : 面接

INTERVEW : 田中紘治 × タニヤマヒロアキ

【発足の経緯】
田中紘治(以下、田中) : 新グループのコンセプトになる楽曲を一緒に作っていただきたいな、と。
タニヤマヒロアキ(以下、タニヤマ) : 大丈夫ですか? ベルハーもやってるのに。死んじゃいませんか?
田中 : 死ぬと思いますね。もう死んでしまいたいと、そういう気持ちが強くなったので。
タニヤマ : ナハハハハハ! なるほど。
田中 : ベルハーを作ったのは2人目の子供が産まれた時で、このままでは普通のパパになってしまうという焦りがあったんですよ。その頃からMV撮影でも無茶な演出をして自分で全治1ヶ月の怪我をしたりとか。
タニヤマ : 丸くなりたくないという事ですよね。
田中 : そんな気持ちでベルハーを立ち上げ4年間やってきて、逃してるコンセプトもたくさんあるわけです。一クリエイターであればいろんなジャンルに手をだす事も出来るけど、ディレクターという立場でいるとグループのタブーがあるでしょう。ここからはみ出すとベルハーじゃない、みたいな。
タニヤマ : はいはいはい。ベルハーはいろんなジャンルに手を出してるようで、一線がありますね。
田中 : チャレンジしたい事はたくさんあって、でも新しい企画に手を出すとベルハーが続けられないだろうっていう。我慢してきたんですよ。でも溢れちゃいまして。
タニヤマ : なんでこのタイミングなのかなってのがちょっと気になります。
田中 : タイミングを待ってたら…。
タニヤマ : ああ、なるほど。
田中 : うん、来ないんすよ。「買い時っていつ?」って聞かれたら今なんですよ。そろそろ新しいiPadが発表されるからそれを買おうと思ったらiMacとOSだけで、肝心のiPadは来年だったりする。待てんでしょ。そしたらその発表を待った2ヶ月分も乗り遅れてるわけです。だからビッグウェーブに乗るのは今でしょ。
タニヤマ : 聞いた事あるなー、なるほど。すでにグループのコンセプトはあるんですね。そのビッグウェーブの柱になるというか。
田中 : ありますね。で、タニヤマさんもヤナミュー(ヤなことそっとミュート)というアイドルを立ち上げて運営業務をこなし、ベルハー含め多数のアイドル楽曲を手がけて多忙の極みじゃないですか。
タニヤマ : つまり俺も死ぬからお前も死ねって事ですよね?
田中 : そそそ。心中しようぜ、ってお誘い。
タニヤマ : ベルハーのメンバーには話してあるんですか?
田中 : 新しい事をやりたい、みたいには。れーれには「新しいグループを立ち上げて、それに追い抜かれたらどう思う?」って聞いたら目の周り真っ赤にしてわなわな怒りで震えてた。わざわざ鹿児島から勝負しに出て来てるからね、いい顔してましたよ。
タニヤマ : えー。ただベルハーのメンバーは、実際にこういう形で動き出すと歪みが出てしまう気がしていて。
田中 : もっと歪んでいこうよって感じ。
タニヤマ : なるほど。新グループは売れますかね?
田中 : 売れる売れないってのは運営の責任なんですけど、やっぱりロイヤル・ストレート・フラッシュみたいなもんでしょ? いい曲があって、ファンに恵まれて、メンバーに素質とやる気があって、媒体がその魅力を取り上げてくれて。で、ここぞという時に関係者のメンバーへの思い入れが大きく後押しするんです。この子たちの本気に応えたい、世間に広めたいって外部の人間が思ってくれたらね。何百万の広告費に勝るんですよ。
タニヤマ : タレントの価値ですよね。
田中 : そう、予算度外視した頑張りをしちゃうんです。自分が映像ディレクターの頃はそうやって応えて来た方々がその後、ドーンと大きく売れていく。俺に出来る範囲のクリエイティブから、大手へとバトンを繋いでいく。運営はしたたかに俺たち媒体を踏み台にしていく、っていう。メンバーの気持ちは大事な一手。負けたくない、売れたい、私たちを見てください、って。それらが揃ったらいけると思う。他力本願です。コンセプトは他力本願。

1 2 3次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。