ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

正しい塩で夏冷え解消♪スイカ&トマトのソルティースムージー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

冷えすぎないスムージーの飲み方がある?!

夏本番な暑い毎日。
汗をしっかりかいて毎日元気に! といきたいところですが…
冷房が必要以上に効きすぎて、夏冷えされている方も多いと思います。
そこに冷たいスムージーなんてもっと冷えてしまいそう! でも美味しい夏フルーツのスムージー飲みたい! って思いますよね♪
大丈夫、夏冷えの時でも、効果的にスムージーを飲むコツはちゃんとあります。

 

夏冷え?でもスムージーを効果的に飲むポイント

①スムージーを飲む前に白湯を1杯飲み内臓を温める
②スムージーは冷やし過ぎない温度で飲む
③口に含むようにしてゆっくり飲む(スプーンを使うのも効果的)
④フルーツなど咀嚼(そしゃく)しなければならないものをトッピングする
ゆっくり噛むようにして飲むのがコツですね。

 

夏限定!天然塩のスイカでソルティースムージーのレシピ

そして夏冷え女子にぜひ摂ってもらいたいのが…「天然塩」です!
今回のスムージーは天然塩をアクセントにした、夏限定のスイカでソルティースムージー!!
スイカとトマトでみずみずしさを、甘さと色鮮やかさを出すために相性の良いラズベリーを合わせています。
手に入ればぜひライムも!塩気とライムで大人の味わいになりますよ♪
スイカ&トマトにはリコピンもかなり豊富!美白効果もある嬉しい1杯です
【スイカ&トマトのソルティースムージー (2カップ分)】
■材料
・スイカ 250g(皮、種を取り除く)
・トマト 150g(プチトマトも可)
・ラズベリー 45g(冷凍)
・ライム 2切れ
・天然塩 適量
■作り方
①スイカは種を丁寧に取り除き、一口大に切っておく。トマトは完熟のもので、ヘタを取り、一口大に切る(舌触りが気になる場合は種のジュレ部分は取り除いてもよい)
②スイカ、トマト、ラズベリーをミキサーに入れ、なめらかになるまで撹拌(かくはん)する
③カップの縁を水で濡らし、塩を適量つけておく
④カップにスムージーを注ぎ入れ、ライムを飾り出来上がり。ライムを絞り入れ、天然塩を少しずつスムージーに落としながら飲む

 

天然塩には冷え解消のお手伝い効果がある?!

身体の余分な熱や水分を取ってくれる、夏の身体にぴったりフルーツ、スイカですが天然塩と一緒に摂ることで冷えすぎを防いでくれます。
ただ…「減塩」という言葉が日常聞かれる中で、積極的に「塩」を摂ることに不安を持たれる方が多いのも実情です。
「塩」=高血圧・過剰摂取は害、という構図になっていると思います。
塩には避けるべき塩と摂るべき塩があります。
避ける、減塩すべきは「精製塩」。
人工的にミネラル分を取り除き、塩化ナトリウム99%以上と表記があります。ほぼ塩化ナトリウム単体なので、腎臓に負担をかけます。
そして摂るべき塩は「天然塩」。
岩塩や海水塩などかなり様々な種類があり迷うと思いますが、裏のミネラル表記を見ると、ナトリウム以外にカルシウム、マグネシウム、カリウムなどがしっかり含まれているものを目安に選んでみて下さいね。
塩分は実は造血する時にとても必要になってきます。特に女性は月経があり、血が薄かったり、足りていないことも多いのですが、「精製塩」しか摂取していない状態になりがちです。造血するには「天然塩」のようにナトリウム以外のミネラル分が必要となるので、 冷え性、貧血の方は「精製塩」から「天然塩」に変えてみて、しっかり摂取してみて下さいね!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP