ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏に食べたい辛いもの あなたは何派?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の朝9時からの番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「J’S RESEARCH」。J-WAVEの会員サイトJ-meを通じて、世の中のトレンドを探ります!

8月9日(火)のオンエアでは「夏に食べたい辛いもの選手権!」をテーマに、3,470人(有効回答数)のリスナー会員にアンケート調査を行った結果を発表しました。

Q.「夏に食べたい辛いもの選手権!」 その結果は?

【1】担々麺 …42%
【2】グリーンカレー …20%
【3】麻婆豆腐 …19%
【4】トムヤムクン …13%
【5】火鍋 …6%

1位の担々麺は2人に1人が答えるという結果に。意外なことに男性よりも女性の人気が高いことが分かりました。この1位から3位の担々麺、グリーンカレー、麻婆豆腐は気軽に食べられるというのも人気の要因の一つかもしれませんね!

担々麺がぶっちぎりの1位だったということで、年間でおよそ350杯のラーメンを食べ歩くという、ラーメン評論家の本谷亜紀さんに、とっておきの担々麺が味わえるお店を教えてもらいました!

■中国料理たけくま
「赤坂の中国料理店です。担々麺は極めてオーソドックスですが、スープも麺もトッピングなども、すべてが丁寧に作られています。下にはゴマのペースト、上には辛いスープの層になっているので、よく混ぜるとちょうど良い感じになります。ひき肉のミンチも乗っていて、噛めば噛むほど、肉汁が口の中に広がります。細麺がよくスープに絡むのもうれしいポイントです」

■ふるめん
「六本木一丁目にあるお店で、西麻布の有名和食店『ふるけん』のラーメンバージョンです。お店はラーメン居酒屋という雰囲気なので、いろいろとつまんでからラーメンを頂くのがおすすめ。鶏ベースで辛くない担々麺は、初めは普通のラーメンのようですが、後入れのラー油で辛さを調整します。しかも、このラー油が結構辛いんです」

■PICANTE
「西五反田にある汁なし担々麺専門店。赤と黒の担々麺があり、赤は辛い担々麺、黒はコクのある担々麺です。おすすめは赤の担々麺で、一見辛くないように見えますが、引き肉の中に旨味と辛さがたーっぷり入ってます! 麺はプリっとしていて、噛みごたえ十分です。食べるとエネルギーが出るような担々麺です」

東京は予想最高気温が37度という日もある今日の頃、担々麺の出番がこれからますます増えそうですね!

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。