体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

不思議なネーミングの名物丼ぶり、「A丼」とは!?【博多】

f:id:mesitsu_lb:20160720163215j:plain

オイサッ オイサッ、オイサッ オイサッ。

勇ましい声が響き渡っております。

770余年の伝統を誇る「博多祇園山笠」。

そんな博多の夏の風物詩的お祭りの真っただ中に、博多の町にやって参りました。

厳密に言えば「博多っ子」ではなくて、「福岡っ子」のメシ通レポーターマツータケシです。

それにしてもこの季節、博多の総鎮守「櫛田神社」一帯はお祭りムード一色です。町中が熱気ムンムンです。

雄壮な舁き山(かきやま)に絢爛豪華な飾り山、そして水法被(みずはっぴ)&締め込み姿の男衆と、見所が満載。特に最終日の早朝4時59分に始まる「追い山」の迫力は圧巻です。血気盛んな男衆が一丸となって“ヤマ”を担ぎ、町を駆け抜ける姿には、いくつになっても胸が熱くなります。

みなさん“山笠があるけん博多たい” の名言はご存知でしょうか? そのうたい文句に間違いはないです。一度は見てってみらんね! ってことで、一度はこの時季の博多へ、ぜひ足を運んでみてください。

f:id:mesitsu_lb:20160720162741j:plain f:id:mesitsu_lb:20160720162759j:plain

▲「飾り山」博多の総鎮守・櫛田神社境内

ということで、今回はそんな「博多祇園山笠」の流れの一つ・土居流で、町総代(※町の代表者)を何度も努めたご経験をもつ生粋の博多っ子・田中五郎さんが営むそば店「古式生そば ひさや」を訪れてみました。

f:id:mesitsu_lb:20160720162824j:plain

「古式生そば ひさや」の創業は昭和21年。終戦後間もない食糧難の時代に「少しでも質の良いものを食べてもらいたい」と暖簾をかかげたそうです。

現在は御年85歳の二代目大将・田中五郎さんが現役で陣頭指揮をとっており、「味の追求に終わりはなかです。上を目指して努力を続けるのが面白かとです」と、志高らかに店を守り続けています。

そば一筋65年。「味を守るだけでなく、味を進化させることが料理人としての醍醐味」と語る大将が打つそばは、地元の人たちが“博多そば”と呼んで愛する逸品。正式にそんなジャンルは無いのでしょうが、そう言いたくなるほど唯一無二の味わいとの噂で、期待が高まります。

それでは中に入ってみましょう。

f:id:mesitsu_lb:20160720162845j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会