ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

近鉄観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」9月10日(土)運行開始!気になる中身は…?潜入調査!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、「関西・中国・四国じゃらん」編集部の川崎です。

数年前からどんどん話題が拡大している観光列車ですが、関西の私鉄「近鉄」からも新しいコンセプトの観光特急が誕生するんです!

先日内覧会に行ってきたので、どんな内容だったかレポートします!

近鉄観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」

あべのハルカスが立地する「大阪阿部野橋駅」と、桜の名所・吉野山の玄関口である「吉野駅」を結ぶ観光特急。

「上質な大人旅」をコンセプトとし、車両内外装共に落ち着いた色調。これまでにない極上の移動時間が味わえます。

2016年9月10日から運行開始!

外装は落ち着いた色調の濃紺ボディ。

自然豊かな南大阪線・吉野線沿線の景観に調和するシンプルで上質な車体デザインは、落ち着いた濃紺色のボディカラーとゴールドのラインによって大人旅を演出するクラシカルな外装が特徴です。

こんなに写り込んでしまうくらいツヤツヤな外装!

車両前面、側面には「Blue Symphony」と記されたエンブレムを配置。

エンブレム下部の飾り罫は、吉野山の木々や草花を象徴する繊細でエレガントな印象になっています。

座席スペース(1号車・3号車)

座席はすべて2列+1列で幅広のデラックスシート。グループでの旅行を楽しめるテーブルを備えた「サロン席(3~4人用)」「ツイン席(2人用)」も設置。座席、カーペット、カーテンには、上質な空間でゆったりと過ごせるよう、質感にこだわった素材を厳選しているそう。

サロン席(3~4人用)

ラウンジ車両(2号車)

2号車に入ると、大型のバーカウンターが迎えてくれます。

ホテルのバーを思わせるようなインテリアデザインは、まさに大人の憩いの場にふさわしい落ち着いた空間を演出していました。四季折々の車窓風景と沿線ならではの味覚を楽しみながら、特別な時間をゆっくり過ごせそう。

ラウンジはいつまでもおしゃべりしていたい心地よい空間

細部までかわいい内装

ライブラリーには奈良の歴史にまつわる本や写真集などが。車内で自由に閲覧できる

充実の車内サービス

南大阪線・吉野線の沿線は、あすかルビ-や河内ぶどう、いちじく、みかんなど、フルーツの栽培がとても盛んなほか、ぼたん鍋や柿の葉寿司などの郷土料理も魅力的。ワイナリーや酒蔵も数多く立地しており、味わい豊かなエリアです。車内では、このような地元の素材・特色を活かしたスイーツやワイン、地酒などの販売が行われます。また、専属のアテンダントさんが乗車していて、沿線の名所やビュースポットの案内放送など、心を込めたサービスが提供されます。

大阪マリオット都ホテル「季節のオリジナルケーキセット」1100円、柿の専門いしい「西吉野の柿スイーツセット」650円、La peche(ラ・ペッシュ)「マカロンセット」680円、「吉野梨ジェラート」350円、「河内わいん(赤・白)」各620円、「スパークリング・リキュール吉野梨」600円など多彩なメニューが販売される

オリジナル鉄道グッズもチェック!

キーホルダーやタオルなどの定番商品の他、「青の交響曲(シンフォニー)吉野杉コースター」や、「吉野手漉き和紙製 ハガキセット」など、吉野の特産品を使用したグッズが販売される。

車内限定発売の商品もあるので、乗車の記念に手に入れよう♪

マフラータオル1000円、タオルハンカチ400円、吉野手漉き和紙製 ハガキセット800円、クリアファイル400円、木製ものさし900円

吉野杉コースター600円、車両立体キーホルダー800円、ピンバッジ400円、ロゴキーホルダー600円、吉野杉材製 運行開始記念乗車証

私が気になったのは電車型ホッチキス900円。かわいい~!

運行ダイヤ・料金

大阪阿部野橋駅と吉野駅の間を、1日4便・2往復。水曜は運休です。

停車駅は現在の特急と同様、大阪阿部野橋・尺土・高田市・橿原神宮前・飛鳥・壺阪山・吉野口・福神・下市口・六田・大和上市・吉野神宮・吉野の各駅。

料金は特急料金510円にプラス210円!これに通常の普通運賃だけで非日常の空間が味わえちゃうんです。

特急券の購入

インターネット・近鉄の主要駅窓口などにて受付。乗車1か月前の10時30分から発売されます。

まとめ

2016年9月10日(土)にデビューする近鉄観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」には大阪・奈良の魅力がたっぷり詰まっていました。

「上質な大人旅」を味わいに、ぜひ乗車してみてはいかがでしょうか。 近鉄観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」

問合せTEL/06-6771-3105(旅客案内テレフォンセンター(8時~21時、年中無休))

運行区間/大阪阿部野橋駅~吉野駅

運休/水曜

「近鉄観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」」の詳細はこちら

※この記事は2016年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

ご当地の味を堪能できる!SA・PAのソフトクリーム!【新東名・東名高速】
カフェ列車に美術館列車…今注目の観光列車とりっぷ【関東・東北】
観光列車でGO♪この夏おすすめの絶景列車4選【関西・中国・四国】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP