ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ローランドが高級ヘッドホンメーカー「V-MODA」社を子会社化、さらに海外ブランド製品の輸入販売事業を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ローランドは、ダンス・ミュージック分野で定評のある高品質ヘッドホンメーカー・V-MODA LLCの株式を取得し、子会社化すると発表した。

V-MODA社は人気DJ・Val Kolton氏により2005年に設立され、その音楽センスと音に対するこだわりは製品に反映され、市場で高い評価を得ている。

特にフラッグシップ・モデルの「Crossfade M-100」は、洗練されたイタリアのミラノ・デザインと抜群の耐久性、バランスの取れた豊かな重低音と柔らかな高音域の音質、ユーザーの好みで素材や色を選べる3D彫刻パーツでのカスタマイズなど、さまざまな面において世界中のDJやオーディオ・ファンから支持され、ヨーロッパのDJ関連アワードの中でも高い栄誉となる「DJ Mag Tech Awards」のヘッドホン部門を、2013年と2014年の二年連続で受賞している。

ローランドは、V-MODA社をグループ企業に加えることで、ヘッドホンメーカーとしての高い開発力、デザイン力、そして熱狂的なファンとの繋がりをさまざまな分野に活かし、将来的には同社事業との相乗効果により、電子楽器の魅力をさらに高めていくことを目指す。

なお、V-MODA社の製品は、ローランドが世界中に展開する販売ネットワークを活用して流通・販売を行う。なお、V-MODA社製品の日本国内における取り扱いは、2016年秋から順次開始する。

また、日本市場における新規事業として、音楽や楽器と親和性が高く、海外市場で評価の高いヘッドホン、イヤホン、スピーカー、マイクなど、海外ブランド製品の輸入販売を、9月下旬に開始する。

ローランドは、1972年の創業以来、最先端の技術で新しい「音」を常に追求しながら、デジタルピアノ、シンセサイザー、電子ドラム、アンプや業務用音響・映像機器などを、「Roland」「BOSS」の自社ブランドで販売している。このたび、新規事業として海外で評価の高い3ブランドの製品の輸入販売を開始することで、国内における事業の拡張を図る。

音楽との親和性が高く、斬新なアイデアを取り入れたヘッドホン、スピーカー、マイク製品などを取り扱うことにより、同社の電子楽器と組みあわせての演奏・音楽制作やオーディオ・リスニングなど、音楽をより一層楽しめる環境を提案していく。

V-MODA社 概要
V-MODA LLC
所在地 :6464 W. Sunset Boulevard, Suite 570, Hollywood,California 90028, U.S.A.
設立年 :2005年
代表者 :Val Kolton
主要事業:ヘッドホン製品の開発製造および販売(製品デザイン業務はイタリア・ミラノ市の子会社 V-MODA Milano S.R.L.にて実施)
※V-MODA社の株式保有比率は、ローランド70%、Val Kolton氏30%となる。
※Val Kolton氏は引き続きV-MODA社のCEOを務める。

V-MODA社 主な製品ラインアップ

フラッグシップ・モデル「Crossfade M-100」(左から)カラー:MATTE BLACK/WHITE SILVER/SHADOW

ワイヤレス・タイプ「Crossfade WIRELESS」
「M-100」の高音質、高い堅牢性、デザイン性をワイヤレスで実現。

オンイヤー・タイプ「XS」
装着時のフィット感とシルエットの美しさを重視しファッション性を追求。

インイヤー・タイプ「ZN」
V-MODAの開発ポリシーである高音質、高級素材、イタリアデザインをイヤホンに。

輸入販売を開始する海外ブランド
Aston Microphones:マイク
Audiofly:ヘッドホン、イヤーモニター
Munro Sonic:モニタースピーカー

<Aston Microphones>
取扱製品:コンデンサー・マイク2機種、リフレクションフィルター

「Aston Spirit」/「Aston Origin」

「Aston HALO」

<Audiofly>
取扱製品:インイヤー・モニター4機種、インイヤー・ヘッドホン4機種、オーバーイヤー・ヘッドホン1機種

Audiofly「AF180」

Audiofly「AF240」

<Munro Sonic>
取扱製品:ニアフィールドモニター2機種

Munro Sonic「EGG100」

Munro Sonic「EGG150」

関連リンク

Rolandhttp://www.roland.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP