ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パフォーマンスを最大限引き出すためのルーティンの作り方

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

スポーツの世界において、ルーティンを重視する選手は多い。ラグビー日本代表の五郎丸選手による「五郎丸ポーズ」は記憶に新しいところだ。

アスリートたちがルーティンを重視する理由は言うまでもなく、平常心を保ち、パフォーマンスを良くするため。そう考えると、何かとストレスの多く平常心を乱されがちなビジネスパーソンも、この考え方を多いに参考にしてもいいはずだ。

今回は、『やらない決意』(サンマーク出版刊)の著者である井口晃さんに、一般の人がルーティンを作る上での作法について話をうかがった。

■意志エネルギーを温存するための秘訣とは

――本書では、「意志エネルギーを浪費しないためには、決断の回数を減らすことが大事。そのための手っ取り早い方法は、日々の『ルーティン』を決めること」と書かれていますね。

井口: はい、日々の生活において「いつ、どこで、何をするか」をあらかじめ決めておくことが重要です。

朝のメニューをどうするか、何時に家を出るか、通勤電車のなかでどう過ごすか等、いちいち悩まなくてすむよう、具体的なルーティンを作っておくわけです。悩むことは意志エネルギーの浪費につながりますからね。

――井口さんの場合、たとえば朝起きてから仕事を始めるまでに、どんなルーティンを設けているのですか。

井口:朝は8時ごろ起きて、まず20分ほど瞑想をします。そうして心を落ち着けたら、レモン水を飲む。ここまでで8時半ぐらい。

その後、曜日によってはジムへ行って軽く運動し、ジムへ行かない曜日については、自宅でトランポリンをします。そうこうするうちに9時ぐらいになります。

これらの運動が終わったら、野菜ジュースなどのヘルシーな朝食をササッととる。ここまでで、だいたい9時半から10時くらいになっています。仕事に取り掛かるのはそれからですね。

――ちなみに、なぜトランポリンなのでしょう(笑)?

井口:一時期、リンパについて調べてみたことがあったのですが、どうやらリンパ液の流れを促進できる唯一のスポーツがトランポリンらしいのです。

リンパ液が流れれば、血液も循環するようになりますから、身体にいい。そういうわけで、取り入れるようになりました。

――話を戻すと、インタビュー前編では、「意志エネルギーがたっぷり残っている午前中のうちに創造的な仕事を」との話もありました。午前中、仕事を始めて以降、「やらないようにしている」のはどんなことですか。

井口:私にとっての創造的な仕事とは、文章を書くことです。したがって、午前中はもっぱら、本を書いたり、メールマガジンやフェイスブックのメッセージを書くことで時間を割きたい。

そこで、午前中は人と会わないようにしています。会議などの場面を想像していただければいいのですが、人と会ってコミュニケーションをとるのは、それだけでかなりの意志エネルギーを使うことになるからです。

■ルーティンは「100点満点を目指さない」ほうがいい

――先ほど「ルーティン」の話をうかがって、ラグビー日本代表の五郎丸選手のことを思い出しました。五郎丸選手のルーティンは3年がかりで作り上げたそうですが、本書でいうルーティンは、どれくらいの期間をかければいいのでしょうか。

井口:1ヶ月を目安にすればいいと思います。私もだいたいそれぐらいで、ルーティンが固まっていきましたから。また、あわせてお伝えしたいのは、「80点でOK」ということです。

ルーティンと聞くと、今、話に出た「五郎丸ポーズ」などのように、かなりカッチリしたものを想像する方も多いかもしれません。しかし、私たちはアスリートではないわけですから、そこまで厳密に決める必要はありません。

私自身、ジムへ行く曜日や朝食メニューなど、いまだに微調整を繰り返しています。年をとり、体質や気質が変われば、それに伴って心地よく感じるものも変化するのが普通です。それに合わせてルーティンも変えていくというのが自然なのではないでしょうか。

――最後になりますが、読者の皆様へメッセージをお願いします。

井口:以前、MLBのイチロー選手が試合当日の朝は必ずカレーを食べるというのが話題になりましたよね。その影響からか、ルーティンを含め、何かをやる・やらないというマイルールを作ることに、どこか「孤高」なものを感じる方も多いかもしれません。

ですが、私が本書でいっているのは、「一人で黙々と……」というより、「誰かと楽しみながら」というスタイルを念頭にしています。

私はよく「同志を見つけてください」というお話をするのですが、共感できる価値観を持ち、良い影響を与え合える人と、より良い時間を過ごすためのきっかけとして、本書が役に立てたらうれしいです。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

仕事力を大幅に上げる「速読」をスマホでマスターできるワケ

「国家公務員は給料もらいすぎ」は本当か?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP