ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リオ五輪女子フェンシング青木千佳「一瞬を見逃さないで」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 五輪においては、太田雄貴の活躍で注目が集まるフェンシング。今回のリオ五輪では、女子サーブルに出場する青木千佳(26才)にも期待大だ。青木が意気込みを語る。

「『Rassemblez! Saluez!』(ラッサンブレ サリューエ、気をつけ、礼)。『En garde!』(アンガルド、構え)。『Prets?』(プレ、用意はいいか?)。『Allez!』(アレ、始め)──太田雄貴先輩のフルーレも、全身が有効面のエペも、私が出場するサーブルも、フェンシングはすべて、この審判の掛け声で始まります。 自分の感情をうまくコントロールして、審判の合図とともに相手の懐に飛び込み、一撃目を見交わしたところでアタック! 一瞬の技を見逃さないでください」

【プロフィール】
青木千佳/あおき・ちか●1990年2月21日生まれ、福井県出身。武生商高のときにフェンシング(フルーレ)を始め、日本大学入学時に突きと斬ることに有効となるサーブルに転向。2013年、2014年と全日本選手権個人戦女子サーブルを連覇。昨年6月のアジア選手権は2位。158cm、54kg。

※女性セブン2016年8月18・25日号

【関連記事】
強くなった日本の女子バドミントン 背後に韓国人コーチの存在
中村アン ゴージャスなシンデレラの靴にうっとりなキス?
「記者クラブ問題」「地デジ移行」上杉隆が40字で驚きの事実解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。