ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自動車販売会社で現金200万円チラつかせ値引き要求夫に幻滅

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大金を手にすると途端に人間はエラソーになるが、「小物感」というものはけっこう表れてしまうもの。酒造メーカー勤務の夫(36)に呆れるのがスーパーでパートをする妻・Nさん(38才)だ。Nさんは、自動車ディーラーでの夫の「値切り」からその後の対応には疑問符がついたという。

 * * *
 夫が車を買い替えたいと言い出したのが春。もううんざりよ。車はいつもカード払いだけど、今回は母親から200万円、お金をもらったもんだから、人が変わったよう。

 車種を決めて、値引き交渉になると、「現金で払っても、へぇ~、これっぽちしか安くしないんですか?」と、車の営業マンに、銀行の封筒からお札をバサバサ出して見せるんだから。

 そして「期待したのにガッカリです。いいです。帰ります」と立ち上がり、「本当にいいんですね。ぼくに帰られたら困るんじゃないですか」と振り向いたりして。結局、4か月たってもまだ決まらないんだけど、サイテーなのはその後。この前、封筒の中のお金を確かめたら194万円。6万円足りないの。

「どういうこと?」と厳しく問い詰めたら、「1万円でも増やして家族をいい車に乗せようとしたのが悪いか」と。要は競馬でスッてたの。ええ、バカにお金を預けた私が悪うございましたッ。

※女性セブン2016年8月18・25日号

【関連記事】
アパホテル社長「皆が幸せになるためお金使うので貯金ゼロ」
年間貯金額 「できなかった」の14%合わせ20万円以下が43%
お金持ちが多く住む路線は江ノ電、阪急甲陽線、京王井の頭線

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP