ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

初セリ1玉50万円!? 当麻町の「でんすけすいか」に密着!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_lc:20160804195817j:plain

北海道・当麻町が誇る「でんすけすいか」

黒々と光り輝く、大きなスイカの存在感は圧巻です。

食べる前に「飾る」、これぞでんすけスタイル。

今年の初セリはなんと50万円という値がついたというから驚きです。

糖度、大きさともに圧巻のすいか!

栽培が大変難しく、厳しい審査を通過して、はじめて「でんすけ」を名乗れるのです。

今回は贈答用としても喜ばれる「でんすけすいか」の魅力に迫ります!

やってきたのは当麻町

f:id:mesitsu_lc:20160804195803j:plain

仲間とすいかを食べる時、

皮のギリギリまで食べているか、チェックを欠かさない、

メシ通レポーターの裸電球です。

今回は夏の風物詩、すいかがテーマです。

北海道・当麻町の名産。

みなさんは「でんすけすいか」をご存知でしょうか?

これ、食べたことない人、

超絶に損してますよ。

人生一度は食べたい高級すいかをご紹介します。

f:id:mesitsu_lc:20160804195804j:plain f:id:mesitsu_lc:20160804195805j:plain

当麻を歩くと、あちこちで見かける「でんすけ」の文字。

町をあげてプッシュ!

一般的なすいかは、

緑と黒のシマ模様ですが、「でんすけ」はといいますと……。

黒光りなんです。

f:id:mesitsu_lc:20160804195806j:plain

当麻町では1984年から作られている「でんすけすいか」。

現在、町内の38軒の農家さんが栽培しています。

その「でんすけ部会長」がいらっしゃるのが、こちらの農場です。

舟山 賢治さんにいろいろと教えていただきます。

f:id:mesitsu_lc:20160804195831j:plain

北海道の広大な畑。

路地とハウスで栽培されています。

ちょうど今が収穫時期。

全国のファンが今か今かと待ち望んでいるんですね。

さっそく大きなすいかを発見しました!

これぞ「でんすけ」!

f:id:mesitsu_lc:20160804195833j:plain

その佇まいたるや。

栽培されているというよりも、「こちらにいらっしゃる」といった雰囲気。

存在感ありますよね。

それもそのはず。

「でんすけすいか」は9キロ以上が一般的なのです。

f:id:mesitsu_lc:20160804195826j:plain

「『でんすけすいか』に似ている」という理由で、

部会長に就任したのではないかという噂の舟山さんです。

「でんすけすいか」を栽培し、その美味しさを全国に伝えるべく、

いろいろな取り組みをされています。

ガタイの良い舟山さんが持っても、これだけのサイズ感。

いかに「でんすけ」が大きいかわかりますか?

せっかくなんで。

f:id:mesitsu_lc:20160804195828j:plain

重くてグロッキー。

20キロほどですからね。

身を持って「でんすけ」の大きさを伝えてくださる。

舟山部会長、さすがです!

f:id:mesitsu_lc:20160804195834j:plain

黒く光る見た目が特徴の「でんすけすいか」。

ほんの少しのキズも目立ってしまうため、大変です。

f:id:mesitsu_lc:20160804195832j:plain

また、黒色は日光を集めてしまうので、日焼けの原因に。

日差しの強い日は横にあるワラで覆う徹底ぶりです。

f:id:mesitsu_lc:20160804195830j:plain

「そろそろ置いていいですか……?」

ちょっ……。

まだ持ってたんですか。

さすが部会長。

「でんすけ」のためなら、えんやこらじゃないですか!

f:id:mesitsu_lc:20160804195822j:plain f:id:mesitsu_lc:20160804195824j:plain

収穫した「でんすけ」は、

細部は手で磨き、さらに機械でピカピカにします。

この時点で大きさは問題なくても、

キズがあるものはハネられてしまうのです。

「でんすけ」はブランドすいか。

ハネ品を安価に買うことはできません。

キズがつくと、それで全てが台無しなのです。

f:id:mesitsu_lc:20160804195821j:plain

磨いた「でんすけ」はキラキラと輝いています。

いや、素晴らしい。

「でんすけ」のすごいところは、

見た目だけではありません。

やはり、味ですよ!

いただきます!

f:id:mesitsu_lc:20160804195836j:plain f:id:mesitsu_lc:20160804195837j:plain

うへ〜!

ギュッと詰まってます。

空洞なんて少しもありませんよ。

f:id:mesitsu_lc:20160804195840j:plain

甘い!

あまーーーい!!

そうですね、例えるならば……。

一番下のとこ、

皮ギリギリのところです。

そこの甘さが、

僕がいつも食べてるスイカの最初の一口くらいの衝撃です。

いつまでも続く、「先っちょ」の甘み!

f:id:mesitsu_lc:20160804195818j:plain

今回、選果作業をする工場にもお邪魔させていただきました。

ここで、「でんすけ」の厳しい審査が。

f:id:mesitsu_lc:20160804195813j:plain

1億4,000万円ほどするという、「でんすけすいか」の選果装置です。

このラインをすいかが流れて、

さまざまなチェックを受けるのです。

ちなみに手前の緑の機械で、

すいかの内部に空洞がないかを検査するそうです。

f:id:mesitsu_lc:20160804195812j:plain

収穫した山の中から、

どれかひとつをチェックして、あとはオッケーということではないんです。

すごいですね!

f:id:mesitsu_lc:20160804195811j:plain

糖度が自慢の「でんすけすいか」。

糖度計1本でも充分測ることはできるのですが、なんと2本で!

ここでもふるいにかけられます。

f:id:mesitsu_lc:20160804195807j:plain

ヘタの位置が中心にあるか。

大きさは適切か。

こんなところにまで厳しいチェックが!

こうやってブランドは守られているんですね。

でも、農家さんは大変だろうな〜。

舟山さんにうかがうと、全体の2割ほどはハネ品になるそうです。

f:id:mesitsu_lc:20160804195816j:plain

これでやっと「でんすけすいか」を名乗ることが許されます。

いかがでしたか。

このコダワリ、ハンパじゃないですよ!

「でんすけすいか」を使った商品開発も!

f:id:mesitsu_lc:20160804195849j:plain

「でんすけすいか」の果汁を使った商品も続々登場しています。

当麻町商工会が販売しているラインナップです。

おみやげにも喜ばれそうですよね。

最近、話題なのはコレ!

f:id:mesitsu_lc:20160804195846j:plain

「チョコッとでんすけ」1,000円です。

ホワイトチョコの中に、「でんすけ」果汁のジュレが入っています。

その味わいはまさに「でんすけ」!

ちなみに「でんすけすいか」にハネ品はないため、

正規の「でんすけすいか」を購入し、そこから絞るという徹底ぶりです。

原価かかってそうですね〜。

f:id:mesitsu_lc:20160804195847j:plain f:id:mesitsu_lc:20160804195848j:plain

冷やして美味しいこちらの商品。

「でんすけすいか 生キャラメル」700円です。

その味わいは、「でんすけ」にかぶりついた時のような爽やかさ!

キャラメルの濃厚な風味と、「でんすけ」の甘みがピッタリと合っています。

このように関連商品もたくさん販売されているんです。

f:id:mesitsu_lc:20160804195842j:plain

当麻町の道の駅や北海道内のスーパー、また、農産物の直売所で販売されています。

値段はサイズによって変わりますが、シーズン中は5,000円〜1万円ほどが相場です。

通販も人気ですよ!

当麻町の「でんすけすいか」、是非ご賞味ください!

f:id:mesitsu_lc:20160804195838j:plain

飾りたくなるほどの見た目。

他のすいかが小さく見えるほどのサイズ。

驚きの糖度。

その裏には、とても厳しい審査と、

おいしいすいかを届けたいと願う、農家さんのこだわりがありました。

皆さんも是非、

「でんすけすいか」をご賞味ください。

人生に一度は食べないと……損ですよ!

お店情報

とうまの農産物直売所(JA当麻直営)

住所:北海道上川郡当麻町宇園別2区

電話番号:0166-84-3131

営業時間:10:00〜16:00

定休日:水曜日

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

自動販売機で買う最強のTKG「かっぱの健卵」がうまい!【北海道比布町】
カニ爪がピースしている! 紋別にある「西や」のラーメンが色々と楽しい!
俺は絶対に手を汚さない! 袋入りの「角屋のやきそば」に直接かぶりつく!【美唄市】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。