体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初セリ1玉50万円!? 当麻町の「でんすけすいか」に密着!

f:id:mesitsu_lc:20160804195817j:plain

北海道・当麻町が誇る「でんすけすいか」

黒々と光り輝く、大きなスイカの存在感は圧巻です。

食べる前に「飾る」、これぞでんすけスタイル。

今年の初セリはなんと50万円という値がついたというから驚きです。

糖度、大きさともに圧巻のすいか!

栽培が大変難しく、厳しい審査を通過して、はじめて「でんすけ」を名乗れるのです。

今回は贈答用としても喜ばれる「でんすけすいか」の魅力に迫ります!

やってきたのは当麻町

f:id:mesitsu_lc:20160804195803j:plain

仲間とすいかを食べる時、

皮のギリギリまで食べているか、チェックを欠かさない、

メシ通レポーターの裸電球です。

今回は夏の風物詩、すいかがテーマです。

北海道・当麻町の名産。

みなさんは「でんすけすいか」をご存知でしょうか?

これ、食べたことない人、

超絶に損してますよ。

人生一度は食べたい高級すいかをご紹介します。

f:id:mesitsu_lc:20160804195804j:plain f:id:mesitsu_lc:20160804195805j:plain

当麻を歩くと、あちこちで見かける「でんすけ」の文字。

町をあげてプッシュ!

一般的なすいかは、

緑と黒のシマ模様ですが、「でんすけ」はといいますと……。

黒光りなんです。

f:id:mesitsu_lc:20160804195806j:plain

当麻町では1984年から作られている「でんすけすいか」。

現在、町内の38軒の農家さんが栽培しています。

その「でんすけ部会長」がいらっしゃるのが、こちらの農場です。

舟山 賢治さんにいろいろと教えていただきます。

f:id:mesitsu_lc:20160804195831j:plain

北海道の広大な畑。

路地とハウスで栽培されています。

ちょうど今が収穫時期。

全国のファンが今か今かと待ち望んでいるんですね。

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。