ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大作映画ラッシュの7月、Yahoo!映画ユーザーから好評だった映画は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
大作映画ラッシュの7月、Yahoo!映画ユーザーから好評だった映画は?

夏休みシーズンが始まり、『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(7月9日公開)、『ファインディング・ドリー』(7月16日公開)、『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)といった家族で楽しめる大型新作映画の公開が目白押しだった先月。そんな7月の、「Yahoo!映画」作品ユーザーレビュー月間ランキング(集計期間:2016年6月30日〜7月27日)が発表された(作品ユーザーレビュー投稿の際に選択するイメージワード別のランキング)。

(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

「楽しい」ランキング
1位『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(http://yahoo.jp/x1WNOW
2位『ファインディング・ドリー』(http://yahoo.jp/2L9d9F
3位『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(http://yahoo.jp/mQ1VfZ

「泣ける」ランキング
1位『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』(http://yahoo.jp/H4cInT
2位『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』
3位『ファインディング・ドリー』

「かわいい」ランキング
1位『ファインディング・ドリー』
2位『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(http://yahoo.jp/E_n7Lq
3位『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』

「かっこいい」ランキング
1位『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』
2位『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』
3位『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』

「ファンタジー」ランキング
1位『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV
2位『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』
3位『ファインディング・ドリー』

「スペクタクル」ランキング
1位『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』
2位『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』
3位『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』

(c)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

洋画は、大ヒットSF映画『インデペンデンス・デイ』(1996)の20年後を描く『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』や、 ディズニーの人気キャラクターが登場する『ファインディング・ドリー』、 ジョニー・デップをはじめとする豪華キャストで話題の『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』など、 いずれも超人気作品の続編がランクイン。

(C) 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

一方、邦画は宮藤官九郎監督、長瀬智也主演の『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(6月25日公開)が根強い人気で、「楽しい」ランキング第1位ほか、「泣ける」「かわいい」「かっこいい」の4部門でランクインしているほか、フルCG映画として話題になった『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』(7月9日公開)が「泣ける」「かっこいい」「ファンタジー」の3部門で1位を、「スペクタクル」で2位を獲得するなど大好評のようだ。

『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』予告編

■Yahoo!映画
movies.yahoo.co.jp

■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

「この写真には猫が隠れています」→見つけられず発狂する人続出
【USJ】てんとう虫コス姿がかわい過ぎるだろ!広瀬すず、「15周年だからってやり過ぎ!」
【リオ五輪】アメリカのバスケチームが選手村に入らず「豪華客船」に宿泊!
【リオ五輪】モデル顔負け!フランス競泳代表のイケメントリオがカッコよすぎる!
新たな「カンジダ症」は超危険!おどろくほど高い死亡率が話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。