ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山形県の真ん中にある「月山」 その名前の由来とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「KODANSHA HERE AND THERE〜for reading」。今週は、山で読書をテーマにお送りしています。

8月8日(月)のオンエアでは、日本百名山の一つで山形県のほぼ真ん中にある、月山(がっさん)を紹介しました。

月の山と書いて「月山」。イメージがふくらむステキな名前ですが、三日月のような形をしているとか、そういうことではありません。

標高は1984メートル。山頂にある月山神社には、農業の神様とも言われる「月読之命」が祀られています。それが月山の由来だと言われています。

月山は古くから信仰の山でした。たくさんの修行者たちが、祈りのためにこの山に登りました。山形県は、大雪が降る場所として知られていますが、夏は暑く、冬は凍えるように寒く、毎年梅雨の頃には、大量の雪どけ水が大地を湿らせます。

山麓にはぶなをはじめとする広葉樹林帯が広がり、雪どけ水をたっぷり吸い込みます。その森は「天然のダム」とも呼ばれ、大切にされてきました。

山形県のお米やお酒の味がいいのは、おいしい天然水があるからだとも。山が雲を集め、雨を降らせ、冬には雪を積もらせ、命の水を蓄えてくれるぶなの森があるというわけです。

月山が自分たちを生かしてくれているという思いから、庄内の人々も、最上の人々も月山を仰ぎ見てを手を合わせるそうです。

山に登って、手を合わせて自然に感謝したら、のんびりと本を読むのはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP