ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【保存版】イサムノグチの家具を高価買取してもらう方法まとめ

  • ガジェット通信を≫

イサム・ノグチとは?

出典:ウィキペディア

20世紀を代表する彫刻家

20世紀を代表する世界的彫刻家、イサム・ノグチは日本人の父とアメリカ人の花の間に生まれた日系アメリカ人。本業の彫刻にとどまることなく、その幅広い才能を開花させました。李香蘭こと山口淑子と婚姻関係にあったことでも知られています。

多くのファンを持つ彼の家具

そんなイサム・ノグチに家具の製作を依頼したのが、名門として今も知られる「ハーマンミラー」社のジョージ・ネルソン。そのためか、ミッドセンチュリーのジャンルにくくられることも多い彼の家具ですが、独創的で存在感のある様子に惹かれる人は、数多いようです。

イサム・ノグチの高く売れる家具紹介

イサム・ノグチは、数多くの名作と呼ばれる家具を生みだしましたが、その多くの意匠権が切れてしまっているために正規品が作られ続けている一方で、数多くのコピー品が出回っているのが現状。

それらのコピーも、リプロダクトとかジェネリックと名付け、オリジナルの意思を継ごうと努力しているものもあれば、ただ形をまねただけの粗悪なものもあります。

コーヒーテーブル

出典:E-comfort

販売価格 2,000~24万3,000円 

「ノグチテーブル」とも呼ばれる名品ですが、形と名前が似ているだけで、質もサイズもバラバラ。とんでもない価格帯に製品が散らばっています。

一番高価なのは、アーロンチェアーで有名な「ハーマンミラー」社製やドイツの家具メーカー「ヴィトラ」社製の正規品。価格は20万円前後となり非常に高価なのですが、買取となると、まあまあの状態でも4万円程度。イサムノグチといえど、家具の世界の買取は厳しいのです、

フリーフォームソファ

出典:hhstyle.com

販売価格 14万6,500~26万円

河原の石から着想を得たという、ユニークな形が目をひくソファ。こちらも価格帯が幅広くなっており、一番安価なものはオリジナルを縮小したサイズのもの、高価なものはできるだけオリジナルに近づけたというリプロダクト品。

買取価格は状態にもよりますが、リプロダクト品なら5,000円も付けばいい方でしょうか。正規品の買取価格は見つけることができませんでした。

プリズマティック・テーブル

出典:hhstyle.com

販売価格 7万1,280円

イサム・ノグチ最後の作品とされる小ぶりなサイズのテーブルで、直線で構成された独特の形状が強い印象を残します。

正規品のヴィトラ社製で7万1,280円、買取価格が1~2万円と予想されます。場所を選ばないサイズである点と、劣化しにくいアルミニウム製という点が比較的高い買取率に表れています。

イサムノグチの家具を高く売るコツ

出典:ウィキペディア

販売に強いブランド家具ショップ

イサム・ノグチなどデザイナーズ家具やブランド家具。最悪なのは何も分からないショップに任せてしまうことです。家具の買取をおこなっているショップでも大きく分けて、処分をメインにしているところと、リユースをメインにしているところの2種類に分かれます。頼るべきは、当然後者ですね。

やはり使い方次第なのです

高価な家具は使えば使うほど味が出るというのは大ウソです。味を出すには「大切にメンテナンス」しなければなりません。マメにメンテナンスをしているものが、よい値段が付くのです。例えばペットの毛まみれといった家具は、いくら正規品でも残念な値段しか付きません。

イサムノグチの家具の査定基準

正規品か否か

正規品・リプロダクトで大きく買取価格が変わるのは、定価の高さと比例しているから。当然正規品の方が査定基準は甘くなります。

大きいもの、劣化しやすいもの

ファブリック製の上にサイズが大きい「フリーフォームソファ」は、劣化をリペアする手間もかかりますし、展示する場所も取りますから査定基準は厳し目に。サイズが小さく劣化しづらい「プリズマティック・テーブル」は、査定基準は甘めになる傾向があります。

おすすめの買取店

ブランド家具高く売れるドットコム

出典:ブランド家具高く売れるドットコム

おなじみ「ReRe」グループの一部門「ブランド家具高く売れるドットコム」は、知名度から来る安心感と、フォームや電話で買取価格を問合わせられる手軽さが魅力。

出張エリアも北海道と沖縄をのぞく全国で対応していますので、イサム・ノグチの大型家具でも気軽に任せることができます。家具の買取ですから高値を期待すると悲しい結果になりがちですが、とりあえず問合わせてみましょう。

ブランド家具買取いちばんドットコム

出典:ブランド家具買取いちばんドットコム

名古屋と大阪に実店舗を構える「ブランド家具買取いちばんドットコム」は、数多くのブランド家具の買取実績が自慢の一つ。HP上の過去の実績を見ていくと、他のショップより一ケタ高いのでは?と思われるような買取額がぎっしり。イサム・ノグチも期待できそうです。

出張買取のエリアは、名古屋と大阪のエリアに限られている点が残念ではありますが、そのエリア内に居住する人はチャンスです。まずは一報を入れてみましょう。

注意点など

例えば先述のコーヒーテーブル、正規品はガラス製の天板だけで40kg弱、総重量で45kg弱という重さ。一人で持ち運びするには無理があります。

ですから、出張買取に対応しているショップに買取りを依頼するのがベストなのです。もちろん人件費はかかってくるので、その分買取価格も渋くなりますが、それはそれ。一緒に買取可能なものも揃えておき、少しでも高く買ってもらえるよう、努力しましょう。

まとめ

出典:hhstyle.com

いいなと思ってもカンタンに手を出せる価格ではない上に、設置できる環境もなかなかなかなわないのが、イサム・ノグチなどのデザイナーズ家具。手放す人も少なければ、欲しがっている人も少ないものです。

ですから、相場の上下はまずありません。購入価格から考えると、とんでもなく安い買取価格しか付きませんし、販売価格は中古とはいえ高いもの。数が出るものではないから粗利の確保が命なのです。

逆にいうと、そうとでもしなければ商売が成り立たないということですから、家具の世界は大変ですね……こんな、要らぬ心配をしてしまったのでした。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP