体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「仕事は好きなのですが、アットホームな社風がどうも苦手です」【シゴト悩み相談室】

キャリアの構築過程においては体力的にもメンタル的にもタフな場面が多く、悩みや不安を一人で抱えてしまう人も多いようです。そんな若手ビジネスパーソンのお悩み相談を、人事歴20年、心理学にも明るい曽和利光さんが、温かくも厳しく受け止めます!

f:id:itorikoitoriko:20160808142710j:plain

曽和利光さん

株式会社人材研究所・代表取締役社長。1995年、京都大学教育学部教育心理学科卒業後、リクルートで人事コンサルタント、採用グループのゼネラルマネージャー等を経験。その後、ライフネット生命、オープンハウスで人事部門責任者を務める。2011年に人事・採用コンサルティングや教育研修などを手掛ける人材研究所を設立。

CASE10:「仕事は好きなのに社風が合わない。転職すべき?」(27歳男性・メーカー勤務)

<相談内容>

一般消費財メーカーに就職し、営業部門に配属されて4年目です。仕事は順調で、顧客との信頼関係も築けるようになり、楽しさとやりがいを覚えています。

しかし、どうも社風が自分に合いません。アットホームで上下関係も厳しくなく、ざっくばらんとした雰囲気。社員同士みんな仲が良く、飲み会はもちろん休日もBBQをしたりキャンプに行ったりします。でも、そんな雰囲気が苦手なのです。貴重な休みを会社のために使いたくないし、仲がいいといっても気は使います。それに、オフィスでは仕事に集中したいのですが、周りは雑談をして笑ったりしています。正直、気が散ります。

皆さんいい人ばかりだし、仕事もきちんとしています。人としては決して嫌いではありません。大学の同期に話すと、「いい会社じゃない!」「理想的な環境だよ」などと言われるのですが…こんな理由で転職を考えるのはおかしいですか?(消費財メーカー・営業職)

f:id:itorikoitoriko:20160808142711j:plain

「人づきあい苦手キャラ」をやんわりアピールしていこう

「アットホームでざっくばらんとした社風」を魅力的と捉える人は多いですが、人の志向や感情はさまざま。「合わない」と感じる人がいるのも当然です。相談者は、合わない社風なのに、無理に自分を合わせようとしているから、しんどいのだと思います。

ただ、入社して4年近く経っていますし、仕事においてはやりがいを感じ、自分の居場所をしっかり築いておられる様子。安易に転職を決断するよりも、まずは今の職場で「人づきあい苦手キャラ」に転向することをお勧めします。

ざっくばらんという職場の雰囲気をお聞きする限りは、「多様性」を受けいれてくれる土壌がありそうだと感じています。やんわりと「人づきあい苦手キャラ」を主張すれば、疎まれたり、避けられたりすることはないでしょう。

例えば、部のメンバーの欠員や異動などで席替えが生じそうな時に「できれば静かな環境で仕事がしたい」と上司に伝えて、人通りの少ない端の方の席に変えてもらう。単なる飲み会や休日の有志イベントは遠慮する。部の達成会などといったオフィシャル飲み会では「端の席にしてほしい」と幹事に申し出る…などといった主張を少しずつしていけば、周りも配慮してくれるようになるでしょう。仕事では一定以上の成果を挙げているのですから、これぐらいのワガママならば聞いてくれるのではないでしょうか。

同じ悩みを抱える「同志」と出会える可能性も大

それに、「人づきあい苦手キャラ」を前面に出すと、同じ悩みを抱えている仲間と出会えるとも思います。

私は、相談者の悩みの本質は、「孤立感」「孤独感」にあると感じています。せっかくいい雰囲気の職場なのに、自分だけ合わない、協調できない…という気持ちが孤独感を助長させ、辛い気持ちに拍車をかけているのではないでしょうか。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。