体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏だから人間のリアルな怖さを味わってみよう!人のリアルな怖さに焦点を当てた映像作品

夏だから人間のリアルな怖さを味わってみよう!人のリアルな怖さに焦点を当てた映像作品

猛暑日を超える地域も出始めて、すっかり夏本番となっている日本全土ですが、やっぱりこんな夏だからこそヒヤリとするような怖いDVDをあえて見てみたいと思いませんか?

というわけで、今回は編集部が自信を持ってオススメする人間のリアルな怖さに焦点を当てた映像作品をご紹介したいと思います。

【関連:安心してください『食人族』は発売されますよ!株式会社ニューラインより2015年11月21日に発売】

ホラー映像をみてみよう!

■夜中に見てたら血の気が引いた『放送禁止』シリーズ(フジテレビ系列、2003年~)

何かの理由でお蔵入りとなった映像を編集してお送りするという体裁のドキュメンタリー風ドラマシリーズですが、かなりリアルにつくられているために夜中にたまたま『ストーカー地獄編』を見てしまった筆者は血の気が引きました。

途中まではストーカー被害にあっている女性と、それに立ち向かう女性ジャーナリストのドキュメンタリー(実際にはドキュメンタリー風ドラマですが、その注釈はほぼありません)なのですが、最後に近づくにつれて段々雲行きが怪しくなっていくのです。最後の最後までドキュメンタリーとばかり思っていたために、真夜中テレビの前で凍ってしまったのは言うまでもありません。

ドキュメンタリー風ドラマだと知った後に他編や映画版を見ましたが、どれも現実のデータ(例えばストーカー被害件数のグラフなど)とドラマの中で起こった虚構を入り混ぜてつくられており、さらに随所に謎が散りばめられているために怖いと思いながらもじっくりと画面の端から端までを見てしまうこと間違いなしです。

『放送禁止』シリーズイメージ

■こういうことあってもおかしくない……鳥肌立ちまくり『トリハダシリーズ』(フジテレビ系列、2007年~)

『トリハダ』シリーズは幽霊は出ない、超常現象は起きない、音楽で恐怖を煽らない、過度な演出はしない、日常から逸脱しないの5つを原則としてつくられたオムニバスホラードラマシリーズです。1話の長さが10分もなく、テンポよい起承転結でまとめられています。

例えば、DVD『トリハダ6』に収録されている『天使の中にある恐るべき残酷』はホームビデオで息子とクマの着ぐるみを撮影しているというほのぼのとした映像です。しかし、近くにいたやんちゃな子供たちがクマを蹴ったり殴ったりという映像が一瞬映り、その後息子の元に戻ってきたクマが抱きついて離れた瞬間、子供の顔には真っ赤な血が……どうやら着ぐるみのクマが撮影されている映像外で自分を蹴った子供たちに何かをしたらしいことが窺えるという、ゾッとするような短いストーリーです。

1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会