ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

指ネコ「またたび」ソロ活連載【4】小説に登場するメニューが味わえるカフェ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どうも、世界を旅する指ネコ「またたび」です。ソロ活大好き、趣味は居心地のいい場所を見つけること。

今日はちょっとユニークなカフェを紹介するね。東京・駒場公園にある日本近代文学館。ぼくのお気に入りのブックカフェがあるんだ。

■あわせて読みたい 指ネコ「またたび」ソロ活連載
【1】おしゃべり禁止のカフェに行ってみた
【2】たまに行きたくなる昭和な純喫茶
【3】お酒を飲みながら読書できる隠れ家

壁一面に本がぎっしりで、まるで図書室みたいな「BUNDAN COFFEE&BEER」。有名な作家の小説からマンガやサブカル系の本まであるよ。

居心地いいカフェってたくさんあるけれど、おしゃべりがうるさい人達がいてイライラしちゃうことってない? でもここは本を読んでいるお客さんが多くて静かだから、一匹でゆっくりくつろぐのに最高。

BUNDANのメニューはユニークで、小説やエッセイに登場した料理やドリンクがあるんだよ。

これは村上春樹の小説「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」に登場する主人公「私」の最後の朝食を再現したもの(1,000円税込)。トマトソースで煮込んだストラスブルグ・ソーセージはジューシーで絶品! フランスパンは、三軒茶屋で人気の「シニフィアン・シニフィエ」のものらしい。村上春樹ファンにはたまらない!

コーヒーは芥川、寺山、鴎外といった文豪の名前をとったネーミング。メニューには、料理やデザートにまつわる作家のエピソードや小説の一文が書かれているのでおもしろいよ。

ちなみにBUNDANは店員さんもステキ。丁寧な接客だけど自然体で心地いいんだ。なんか最近のカフェやお店って、マニュアル通りすぎて不自然な接客が多い気がするんだ。だから自然体のおもてなしって今では貴重なんじゃないかと思う。

「一人でまったりしたいけど、他のお客も静かなカフェがいいな」「本に囲まれながら小説の世界に入りたい」っていう時にオススメのカフェだよ。

次回、指ネコ「またたび」ソロ活連載【5】は、8月16日火曜日にお届けいたします。お楽しみに!

■あわせて読みたい 指ネコ「またたび」ソロ活連載
【1】おしゃべり禁止のカフェに行ってみた
【2】たまに行きたくなる昭和な純喫茶
【3】お酒を飲みながら読書できる隠れ家

[BUNDAN COFFEE & BEER]
[All photos by Nao]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP