ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポケモンGO、米国で集団訴訟へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


任天堂、ポケモンカンパニー、そしてサンフランシスコに拠点を置くオーグメンテッド・リアリティー(AR・拡張現実)のスタートアップ企業であるナイアンティックラボは、ゲーム『ポケモンGO』が個人の敷地内に不法侵入することをユーザーに誘惑しているとして、新たな訴訟の標的となった。ナイアンティックラボは、ポケモン・ハンティングの間は法律を守るようユーザーに警告することで対応した。

訴状は、多くの迷惑なポケモンGOユーザーに遭遇したとする、ニュージャージー州に住むジェフリー・マーダーを代表に起こされた。訴状によると「ポケモンGOがリリースされた週に、見知らぬ人が携帯を片手に家の前に長居するようになった」。また、「少なくとも5人が原告の家のドアをノックし、原告の住む家の裏庭にあるポケモンを捕まえるために、裏庭に入らせてくれるように求めた」という。

『ポケモンGO』は、新しく捕まえるポケモンを探しているユーザーを呼び込んだり、以前に捕まえたポケモンを戦わせる”ポケストップ”や”ジム”と呼ばれる仮想オブジェクトを現実の世界に重ね合わせている。これらのいくつかは、地元企業や公共公園に喜ばしい影響をもたらし、ゲームビデオ販売店チェーンのGameStopでは、ポケストップに近い店舗の収益が大幅にアップしたという報告もある。


しかしながら、訴状はマーダー氏の状況が特殊ではなく、そこら中で起きていることを主張している。本件は他のプライバシー侵害に関する記事を引用し、ゲームでの行為に補償と変化を求めると同時に、集団代表訴訟の形を取ろうとしている

ナイアンティックラボは訴状に対して公的な返答をしていないが、同社は状況を十分に認識しているようだ。8月2日(現地時間)に公開された最新版の『ポケモンGO』では、アップデートの一環として、ユーザーに常識ある行動とすべての法律を守るよう求める警告を出している。警告の一部は交通安全についてだが、その他にも特にユーザーに不法侵入をしないよう忠告している。

カテゴリー : ゲーム タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP