ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

車の乗り心地をガムで表現 「プリウス試乗味ガム」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


トヨタといえば、言わずと知れた日本を代表する車メーカー。そんなトヨタが、同社を代表するエコカー・プリウスの乗り心地を表現した「プリウス試乗味ガム」なるものを発表し、話題となっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

このガムは、ロッテ中央研究所のチューインガム研究員が実際にプリウスに試乗して、一から作られたものだ。研究員は、プリウスに乗って視界の広さ、なめらかな走り、力強い加速などを確認。柔らかすぎず、適度な噛み心地が持続するようなガムを開発することで、なめらかな走り心地を表現した。また香りは、ペパーミントとスペアミントをハイブリッドに配合することで、刺激感に溢れる力強い加速やハンドリングの楽しさを演出しているという。

実は、トヨタはブルーボトルコーヒーとコラボした「プリウス試乗味コーヒー」も開発し、7月29日からブルーボトルコーヒーの一部店舗で期間限定販売。こちらは、焙煎の度合いとブレンドする豆の比率を試行錯誤することで、プリウスの“なめらかな走り心地”を表現。「スムースでクリーン、かつクリア」(原文ママ)なイメージを伝えられるコーヒーが完成したそうだ。ガムは“プリウス試乗味”の第2弾となる。

そんなプリウス試乗味ガムについて、ツイッターには、

「どんな味か?味わってみたい……」
「プリウス試乗味ガムってなにw 食ってみたいけど怖すぎるwww」
「なんやプリウス試乗味ガムって気になるやないか」
「プリウス試乗味ガムって何味なんだよぉ」

と興味を持つ人が続出。さらに、味については、

「新車の匂いの味がするのかな」
「車の芳香剤味だろ」
「なぁにこれぇ? 座席のシート味ってこと?」
「さてはタイヤのゴムの味だな!?」

など、さまざまな憶測が登場している。

このガムはトヨタの店舗でもらえるとのこと。合計59種類ものパッケージが用意されており、味とともにコレクションする楽しみもありそうだ。
(金子則男)
(R25編集部)

車の乗り心地をガムで表現 「プリウス試乗味ガム」はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

プリウス、オタ狙いに「お前もか」
プロ直伝!ビジネス謝罪5つの鉄則
市場4割減「日本人のガム離れ」?
「自動運転カー」普及で事故9割減
世界最大級イベント「CES2016」トレンドは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP