ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1日20分のお昼寝が、働く女性のお肌とアタマを守る!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1日20分のお昼寝が、働く女性のお肌とアタマを守る!

働く女性はとにかく忙しいもの。睡眠不足が続いてフラフラなんてことはありませんか? 特に日本の女性は欧米と比べて睡眠時間が短い傾向にあるようです。睡眠不足が続けば、お肌がボロボロになるだけでなく、集中力も落ちて作業効率も落ちてしまいます。そんな貴女を救うのは、1日20分の睡眠かもしれません。

睡眠不足が続くとお肌は危機的な状況に!

しっかりと睡眠時間を確保することが美しいお肌を保つコツです。睡眠中は成長ホルモンが分泌されていますが、睡眠不足で成長ホルモンの分泌量が減少すると、代謝が悪くなったり免疫力が下がってしまったりとさまざまな悪影響があるのです。お肌もターンオーバーのリズムが崩れてしまえば、角質が残ってゴワゴワのお肌になったり、シミや吹き出物といったトラブルが発生しやすくなります。また、睡眠が不足すると食欲を増進するホルモンであるグレリンの分泌が増えるため、いつもより太りやすくなってしまうのです。

そんな時は20分でいいからお昼寝をしてみて!

忙しい現代では、睡眠時間をきちんと確保できている方の方が少ないかもしれません。でも睡眠不足の弊害は解消したい、そんな方には1日20分のお昼寝をおススメします。人の睡眠サイクルには、体も脳も休んでいる「ノンレム睡眠」と、体は眠っていても脳は活発に動いている「レム睡眠」があります。眠りに就くとノンレム睡眠から入りますが、ノンレム睡眠で最も深い眠りに入るのが入眠後30分~1時間の間。ちょっとしたお昼寝なら、ノンレム睡眠でも比較的眠りが浅い内に起きるようにしましょう。お昼寝でおススメする睡眠時間は10~20分です。たったそれだけ? と思うかもしれませんが20分の睡眠でも十分に効果があるのです。

もっと知りたい! 1日20分のお昼寝の効用

人が眠っている間に成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンにはコラーゲンの生成を促進する働きがあります。コラーゲンは言わずと知れたプルプルのお肌を作る成分。たった20分のお昼寝でも成長ホルモンは分泌されます。また、お昼寝をしている間、脳の中では午前中に受け取った情報を整理する作業が行われています。お昼寝から目覚めれば、スッキリ整ったアタマになりますし、お昼寝で脳がリラックスできるので、午後にはさらに集中力がアップするでしょう。

お昼寝には、お肌にも頭にも素晴らしい効果があります。十分な睡眠時間を確保できない方は、ぜひ20分のお昼寝を試してみてください。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。