ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

花押と自筆遺言証書

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 民法968条は、遺言者がその本文、日付、氏名を自書した上で、押印して作成する方式の自筆遺言証書を認めている。
 このように厳格な方式が定められているのだが、遺言は遺言書を作成した人が死亡して初めて効力を生じるのであって、その時点で作成者は存在しないのであるから、その真意を確認するために、厳格な方式が要求されている。
 そうすることによって、作成者の最終意思が保障されるのである。

 押印が要求されているのは、遺言本文の自書と併せて、遺言書作成の真正を担保するためである。「作成の真正」とは、遺言者の同一性と真意の確保ということである。
 また、押印が要求されているもう一つの理由として、署名押印によって、文書の作成が完結するという文書完成の担保がある。

 かつて押印に代わって指印を押した遺言書の有効性が問題となった事案で、最高裁は、概ね「指印に押印があるのと同等の意義を認めている我が国の慣行ないし法意識に照らして、文書完成手続においても欠けるところはない」として、指印のある遺言書も有効であると判断している。

 ところが、このたびの最高裁判決は、押印に代えて花押が書かれた遺言書の有効性が問題となった事案で、地裁及び高裁の有効判断を覆して、無効である旨判断した。
 先の指印事案における最高裁判決と整合性はある。なぜなら、指印事案とその判決文はまったく同様だからである。ただ、事案へのあてはめが違うだけである。

 つまり、花押について「我が国の慣行ないし法意識に照らして押印があるのと同等の意義が認められているか」が問題となったにすぎないからである。
 もし、「花押に押印があるのと同等の意義を認めている我が国の慣行ないし法意識」が存在しているのであれば、文書完成手続において欠けるところはないとされただろう。
 しかし、最高裁は、我が国の慣行ないし法意識に照らして、花押に押印があるのと同等の意義を認めることはできないとして、指印事案と異なった結論を導いているのである。

 先に、押印が要求される二つの理由を説明したが、やはり重視されるべきは、「作成の真正」であろう。本人が通常書いている花押を書くことは、偽造しやすい印鑑よりも確実性が高く、「作成の真正」は十分に担保されているし、その点は最高裁も否定していない。

 さて問題となるのは、花押に我が国の慣行ないし法意識に照らして、押印があるのと同等の意義を認めることはできないとした判断が果たして合理的であるかである。確かに、花押について、現在では押印と同等の意義を認める慣行ないし法意識はないかもしれない。
 しかし、それは花押を見慣れていないからにすぎない。おそらく、それが慣行であるか法意識であるかは別として、多くの人は、花押に押印と同等の、いやそれ以上の意義を認めているのではないだろうか。
 なぜなら、印鑑であれば本人以外の者が押印することも可能だし偽造も可能だが、花押はそういうわけにはいかないからである。
 ましてや、その花押は普段から遺言書作成者が使用していたものらしい。とすれば、花押を書くことによって、作成者の意思にしたがって文書が完結されたと一般の人は考えるのではないだろうか。一般の人はそれでよいと考えるのではないだろうか。

 付言すると、そもそも花押は、署名の代替であったらしいが、もしそうであれば、署名に署名が重なっているだけで、押印はないことになるが、最高裁はそのようなことはもちろん考えていない。

 先に、司法書士業務の範囲についての、最高裁判決は妥当であると書いたが、今回の花押事件だけは、地裁及び高裁の判断が正しいように思われて仕方がない。

元記事

花押と自筆遺言証書

関連情報

遺言書による登記を相続人が単独で行えますか?(なっとく法律相談)
詳細な内容を記載したワープロ作成の遺言書と汚いカーボン複写の遺言書はどっちが有効か?(法律クイズ)
債務者が勝手に書いたかもしれない連帯保証人に請求しても大丈夫?(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP