ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワキガ対策は腋毛を剃って制汗剤をスプレーする

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アポクリン汗腺が誘発する3種類のニオイが三位一体となって引き起こされるのがワキガ。どうすればワキガは対策できるのでしょう? 根本的なワキガ対策としては、手術という選択肢も存在。手軽なワキガ対策としては、剃毛と制汗剤でニオイを軽減することができます。

ワキガ対策の手術は3万~5万円

ワキガ対策でもっとも効果的なのは、根本治療として剪除法と呼ばれる手術。脇を切開し、アポクリン腺をハサミで切り取っていきます。約1~2時間の手術です。

麻酔がかかっているので、痛みは術後の疼き程度。美容外科の定番手術となっています。費用は、保険適用で3万~5万円。再発の可能性がゼロではありませんが、ほぼ永久にワキガの悩みから解放されます。

ワキガ対策で腺を焼き切るレーザー治療は、ものの5分で終了しますが、費用は7万~15万円。軽度なら、ボトックス注射で対応する場合もあります。汗腺が汗を分泌するのを抑える薬を組織近くに注射。効果は半年~1年程度です。

ワキガ対策に腋毛を剃って制汗剤

手軽なワキガ対策としては細菌の住処になる腋毛を剃り、制汗剤で汗を防ぐと効果があります。住みかとエサを奪われた細菌は、ワキガを十分に醸すことができないのです。

脇毛があると蒸れて、ワキガのニオイの元となる細菌が繁殖しやすくなります。剃ってしまえば、汗がサッと手早く拭けてワキガのニオイ対策としては効果的。殺菌効果の高い銀を含んだ制汗剤などを組み合わせるとよいでしょう。

ワキガ対策では、ワキガの悩みを客観的に判定してもらうことも大切。ワキガを自覚している人は医師に相談するのがベターでしょう。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。(文/今野博志)

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP